ネット上の〔近世初期文芸研究会〕

●今日、〔近世初期文芸〕をネットで検索したら、アクセスは、

2016年12月2日 現在   204136
2016年8月末 HP閉鎖時  194708

●8月から11月までの3ヶ月間に〔J-TEXTS〕を通して、
9428のアクセスがあったことになる。国会図書館のサイトには、
次の如く表示されている。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。 閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(NDL-OPACへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
●昭和44年、1969年、〔近世初期文芸研究会〕が設立され、その機関誌『近世初期文芸』の第1号が創刊された。47年前である。私は、この号に、「『可笑記』の本文批評」155枚を発表した。駆け出しの、若い研究者にとって、このように長い論文を発表できる雑誌は無かった。小誌を創刊した所以である。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。