サイト内コンテンツのバイト数

●2003年、昭和女子大学のHPを開設して、ヒマヒマにデータを追加更新していたら、だいぶ大きくなってきた。因みに、スコア上位3つのサイトのバイトをチェックしてみたら、次の通りであった。我ながら驚いている。(2004.10.30現在)

①芦川研究室(score:30)18万7276bytes
②深沢秋男研究室(score:28)412万1630bytes
③佐野研究室(score:28) 3万4550bytes

●私は、バイト数の増大を防止するため、写真等は極力入れず、文字情報に主点をおいて追加更新してきた。それにしても、論文全文のアップなどを含めているので、情報量は大きくなってしまう。
●私は、甲南女子大学の菊池真一氏と共同運営のHPを2つ〔①近世初期文芸研究会、②J-TEXTES(日本文学電子図書館)〕を運営している。この内、特に②の情報量は膨大なもので、プロバイダーの運営者の予想をはるかに上回るもので、利用規定を変更した程であった。ネット社会も、未だ発展途上である。

●●これは、現役中の記録であるが、現在は、問題にならないだろう。②のJ-TEXTES(日本文学電子図書館)〕は、現在も継続していて、アクセスも、間もなく、100万になる。

 

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。