ドナルド・キーン・センター柏崎 講演会

ドナルド・キーン・センター柏崎 講演会

「泉鏡花―天守物語」「傀儡師―人形遣い」

 公益財団法人ブルボン吉田記念財団(ドナルド・キーン・センター柏崎)では、コロンビア大学でドナルド・キーン先生より、薫陶を受け、現在、アメリカポートランド州立大学で日本文学や能、狂言、歌舞伎の実技を教えるローレンス・コミンズ教授をお迎えしての講演会を昨年の「忠臣蔵」講演に引き続き、今年も、12月23日(土)に開催します。
 コミンズ教授は、今年、泉鏡花「天守物語」の出版100周年を記念し、「天守物語」と「傀儡師」をアメリカで公演。今回の講演会では、その舞台裏秘話の他、教え子で、元プロバレリーナのデヴィン・ダンカンさんによる日本舞踊「聚楽の舞」と歌舞伎「傀儡師」の中の「櫓お七」を披露していただきます。

 講   師  ローレンス・コミンズ氏(ポートランド州立大学教授)

 開催日時   2017年12月23日(土) 13:00開場
                     13:30開演
                     15:40終演(予定)

 会   場  株式会社ブルボン 本社10階大ホール
        新潟県柏崎市駅前1丁目3番1号

 受講料    無料(事前の申込みが必要です)

 定   員  200名
        *定員になり次第、受付終了とさせて頂きます。ご了承ください。

受講申込み   ドナルド・キーン・センター柏崎
         電話 0257-28-5755 又は 0257-21-9223

主    催  公益財団法人 テブルボン吉田記念財団

お問い合わせ先 公益財団法人ブルボン吉田記念財団(ドナルド・キーン・センター柏崎)
         TEL : 0257-21-9223 fax : 0257-28-5755 10 時~17時

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。