岡村 浩 先生を悼む

岡村 浩 先生を悼む

●今日、岡村浩先生の奥様から、岡村先生、御他界の知らせを頂いた。

  慎んで、岡村浩先生の御逝去を悼み 心から御冥福をお祈り申し上げます

●本年、元旦、岡村先生から、
 
  今年も良い年に  なりますように

と年賀状を頂いた。それなのに、1月7日、89歳で御他界なされたという。年末から心臓の状態が思わしくなく、御自宅へ帰ることができなかったという。病床にあっても、先生は、力のある時は、まだまだ、書き物をしたいと、申しておられたとのことである。

●先生は、本年1月10日発行の『皮革新聞』第1227号に論文を発表された。

■魚油酸化物で改質されたコラーゲン繊維の利用■
 昭和女子大学名誉教授 農学博士・技術士  岡村   浩
 昭和女子大学教授 博士(学術)       角田 由美子

角田先生は、岡村先生の教え子である。最後の御論文を、心をこめて指導された先生と共著として発表されたのである。何という素晴らしい、研究人生であろうか。
岡村先生は、この御論文が掲載された『皮革新聞』を御覧になられたという。

戦後の厳しい時代に、世界の研究状況を摂取され、御自分独自の研究を進めてこられた先生は、

〔ここまできたか〕 

そのように、思われたものと拝察される。見事な研究者としての生き方であった、私は、そのように敬服申し上げる。

岡村浩先生 御苦労様でした。

あたたかい御指導を有難うございました。

先生との交流の日々を思い、涙があふれます。  深沢秋男

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。