『井関隆子の研究』 グーグル ブックス

『井関隆子の研究』  クーグル ブックス

井関隆子の研究
深沢秋男
和泉書院 21004  442ページ
研究篇(井関隆子の生涯、井関隆子の文学、 『井関隆子日記』、その他の作品、井関隆子の人間像) 資料篇(井関関係目録、その他

多く使われている語句
あつ あら あり いと いみ かれ さる たり たる つた つて つる という ども なき なし なつ など なむ なら なり なる なれ のみ べき へり また までより らむ られ わたり 井関家 井関障子 衛門 家斉 過去帳 記し 広大院 広敷用人 江戸 左衛門 思われる 実紀 少将 昭和 昭和女子大学 松平乗寛 神田祭 人々 水野 世に 清寺 天保 天保の改革 田家 徳川実紀 如く 尾花 物語 文学 文政 万葉集

書誌情報
書籍名  井関隆子の研究
著者   深沢秋男
出版者  和泉書院 2004
ページ数  442頁

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。