『仮名草子研究叢書』 グーグル ブックス

仮名草子研究叢書  グーグル ブックス
深沢秋男、菊池真一
クレス出版、2006

多く使われている語句

あら いそ いふ うち ける けれ ざい ざる ざれ たる ども なき なし なら なり なるべし なれ にし のみ はち べき ペレ また やう られ らん 伊勢物語 可笑記 寛永 寛文 季吟 戯作 慶安 作者 山岡元隣 思ひ 事實 女房 小さかづき 上杉氏 身の上 世に 世間 正三 著述 徒然草 東海道名所記 如き 如儡子 俳諧師 浮世 浮世物語 物語 文學 名所記 鈴木正三 假名草子 學者 當時

書誌情報

書籍名   仮名草子研究叢書、第3巻
著者    深沢秋男、菊池真一
版     再版
出版社    クレス出版、2006
書籍の提供元   ミシガン大学
デジタル化された日   2007年8月14日
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●この叢書で、多く使われている語句の中で、可笑記、如儡子、浮世物語、徒然草、東海道名所記、など、やや、私好みのものである。それと、この叢書も再版されていた。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。