木越 治 先生 の思い出

木越 治 先生 の思い出
2018.03.10 Saturday

木越 治 先生 の思い出

木越 治氏 より来信   (現役の頃、昭和女子大学〔深沢秋男研究室〕の日録)

●金沢大学の木越治氏からメールを頂いた。昭和女子大のホームページを見ました。大学生の頃のレポート興味深く読みました。『春雨物語』の本文は、お説の通りです。という内容。有難いことである。
●実は、昭和61年『桜山本 春雨物語』を出版した時、最初に私の意見に耳を傾けて下さったのは、木越氏であった。平成元年8月「『春雨物語』へ--文化五年本からの出発--」という論文を発表され、イギリスの書誌学者、フィリップ・ギャスケルの理論を導入しながら、文学作品のテキストのあり方に論及された、画期的な論文である。
●この木越氏の論文が影響したものか、鷲山樹心氏も論文の中で、私の説に賛意を表明して下さった。そうして、その後、中央公論から出された、『上田秋成全集』では、長島弘明氏が、『春雨物語』の各テキストを原型のまま収録してくれた。門外漢の私の意見を専門家の方々が、お認め下さったとしたら、こんなに嬉しい事はない。それにしても、あの状況下で、あの論を出された木越氏に改めて敬意の念を捧げる。

・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】この本が出た時、近世文学界では、長らく黙殺された。学会へ行っても、私の側には、誰も近づいてくれなかった。恩師・重友毅先生、秋成研究の大家・中村幸彦先生をはじめ、多くの研究者の説を批判したのであるから、これは、覚悟の上のことであった。私の研究生活の中では、こんなことは、少なくなかったのである。
平成30年(2018)3月10日

。。。。。。。。。。。。。。。

書評 深沢秋男編『桜山本 春雨物語』      
木越 治

■朱筆と墨筆が同一人物の手になることを論証
■きわめて重要な意味持つ

上田秋成最晩年の傑作短編集『春雨物語』には多くの草稿(及びその写本)が残されている。今回刊行された桜山文庫は文化五年本と総称される写本のひとつで、西荘文庫旧蔵本とともに数少ない完本として『春雨物語』諸本中重要な位置を占めている。 
 この写本が丸山季夫氏によって発見されたのは昭和二十六年のことで、これ以後『春雨物語』の研究は飛躍的に進むことになったのであった。すでにこの写本は、古典文庫などに翻刻されており、また底本として利用されることも多かったのであるが、今回の影印に関しては、従来ほとんど区別されることなく扱われていた朱筆と墨筆の区別が明確になされていることがまず第一にあげるべき特色である。そして、深沢氏はその解説」中で、この朱筆と墨筆が同一人物の手になること、墨筆の原本は秋成自筆本、朱筆は別系統の自筆本ないし写本によったと推測されることなどを他の稿本・写本や具体的な筆跡の比較を通して論証しているのである。こうした筆跡検討の具体的な成果として、従来「死首の咲顔」とも「死骨の咲顔」とも読まれてきた第六篇の題名について、この写本中に出る「首」と「骨」の字形すべてを、集めたうえで「死首」が正しいと結論づけている例を挙げることができよう。’
 が、氏の解説のもつ意義は、こうした具体的ないちいちの成果にとどまるものではない。従来、おおざっぱな印象というかたちでしか語られてこなかった『春雨物語』諸本の筆跡の問題が、ようやく共通の基盤のうえで問題にし得るようになったという意味で研究史上きわめて重要な意味をもっていると私は思うのである。
 実は、本書が刊行された頃、私もちょうど『春雨物語』諸本の研究史を執筆したばかりで、その態度と方法についてあれこれ迷へところ多かったのであるが、そういう私にとって、深沢氏が腰を据えて本文一字一字の筆跡の検討から作業を始めている姿は、これからの本文研究のありようを示唆しているようで非常に感動的であり、かつ興味深く思われたのである。その意味で、本書の刊行によって今後の『春雨物語』の本文研究は大きく変わっていくと断言しても決して言い過ぎではないと思う。
 ただ、現在流布している『春雨物語』の本文がいずれも二種以上の写本・稿本の混合本文であることに関して氏が提出している疑義についていえば、たしかに、理論的には氏のいうとおりであるにしても、だからこいって、圧倒的に優れている富岡本をさしおいて、文化五年本を底本とする『春雨物語』を一般読者に提出することがはたして正しいことかどうか、なお検討が必要であろう。
 ともあれ、『春雨物語』の一写本についてだけでもこれだけの問題が存しているわけで、まして他の稿本・写本とのかかわりとなるとまだまだ多くの問題が残されているのであり、本書の刊行がこれらの問題に関するきわめて重要な指針となること
は疑いないと思われる。(A5、三八一頁・一二〇〇〇円・勉誠社)(きごし・おさむ氏=金沢大学助教授・日本近世文学専攻) 【週刊読書人 1644号、1986年8月】
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●この後、木越治氏は、平成元年8月「『春雨物語』へ--文化五年本からの出発--」という、画期的な論文を発表された。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。