書籍・文化財、一括検索

書籍・文化財、一括検索
2018.08.16 Thursday

書籍・文化財一括検索サイト

●菊池先生のエッセイで、政府の肝いりで、書籍・文化財の一括検索サイトを開発していることを知った。読売新聞の記事である。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

書籍・文化財一括検索できる新サイト…DB統合
2018年08月16日 07時11分
 政府は、図書館や博物館が個別に運営しているデータベースを統合し、インターネットで目録や所在地を一括検索できるサイト作りに乗り出す。書籍や文化財などの知的資源を探しやすくし、研究活動の活性化や新たなビジネスの創出につなげる狙いだ。来年1~2月頃に試験運用を始め、2020年の本格運用を目指す。
 サイトの名称は「ジャパンサーチ(仮称)」。内閣府が音頭を取り、国立国会図書館、国立博物館を運営する国立文化財機構、国立公文書館、国立美術館、公益財団法人「放送番組センター」など、10以上のデータベースを束ねて始動する予定だ。全国の大学や博物館などにも参加を呼びかける。
 例えば、ある古文書に関連する情報を集める場合、現在は各施設のデータベースに一つ一つ当たらなければならない。ジャパンサーチが完成すれば、書籍から公文書、文化財、放送番組まで、簡単に幅広く検索できるようになる。
 書籍や所蔵品などのタイトル、作成時期、作者などの目録、どこが保管しているか――などの情報を提供。数百万点以上が検索できるようになる見通しだ。デジタル化した写真などを提示する案もある。

●結構なことだと思う。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。