酷暑の中での奮闘 ?

酷暑の中での奮闘 ?
2018.08.30 Thursday

●今年の夏は暑かった。日中は外出せず、夕方から散歩に出た。妻と2人で、自然の風に感謝して歩く。なんとも生産性のない日々である。そんな中で、なんと多くの方々の御配慮を賜ったことか。
●4月には、北村薫氏の『小萩のかんざし』が出て、横山重先生の事をあたたかく描写して下さった。8月には、なんと、郷里身延の広報誌に、池田茂光氏が、思いがけない紹介をして下さった。
●年末に出る予定の『近世初期文芸』第35号に投稿する3点、この酷暑の中で脱稿した。
① 如儡子の祖父、斎藤光盛の出自
② 新出写本『可笑記』の紹介
③ 仮名草子の書誌的研究
●①では、越後阿賀町の斎藤家総本家の、6メートル40センチという、長大な系図が決定的な証拠となった。昭和37年1月に法政大学に提出した卒論の推測に結び付いたのである。こんな劇的なことも、長年研究しているとある、ということであろう。
●とにかく、年老いた私は、多くの方々の御配慮、御協力に感謝して、これらの原稿を、今日、印刷所に送った。8月も終わり、9月に入る。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。