『近世初期文芸』第35号 発行

『近世初期文芸』 第35号 発行
2018.12.20 Thursday

目  次
 
〇『露殿物語』中巻の方法         小原 亨
 ――隠晦する主人公像――
〇国会本『絵本北条五代記』の挿絵     位田絵美
 ――本文と挿絵から見える成立過程―― 
〇『竹斎』再論(その四)          田中 宏
〇如儡子の祖父、斎藤家初代光盛の出自   深沢秋男
〇新出写本『可笑記』紹介         深沢秋男
〇仮名草子の書誌的研究          深沢秋男
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●内容は、以上の通りであるが、小原亨氏、位田絵美氏、田中宏氏の力作論文を掲載することができた。私は、『可笑記』の祖父、斎藤光盛の出身地に関して、推測ではあるが、新説を提出することが出来た。思えば、大学の卒論以来の疑問に答えるものであり、感慨深い。多くの方々の御配慮に感謝申し上げる。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。