昭和女子大学 光葉博物館 新春収蔵資料展

昭和女子大学 光葉博物館 新春収蔵資料展
2019.01.10 Thursday

「新春収蔵資料展」はじまりました! [2019年01月09日(水)]

新年1月9日(水)から「新春収蔵資料展」がはじまりました。
当館収蔵資料の中から、新春にちなんだ雛人形、七福神、三番叟、干支のイノシシをモチーフにした土人形や張り子などを展示しています。
2018年度新たにご寄贈いただいた郷土玩具の一部も初披露しています。

【開催期間】 2019年1月9日(水)~2月1日(金)
【開館時間】 9時~17時
【休館日】 土曜日・日曜日・祝日
【入場料】 無料
【開催場所】昭和女子大学光葉博物館(7号館1階)

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。