老境

老境

  • 2020.01.14 Tuesday
  • 06:25

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

大方人のなすまにまにまかせつゝ、明ればともしからず物くひ、暮れば酒のみて熟寐す。かゝればなすわざもなくて、鳥虫のつらにて世をなむ尽すべき。
然れども折にふれ時に付、いさゝかの心やりは、おのづからなむある。
まづ、春は鶯の声をきゝ、庭艸のもゆるを見、夏は涼しき方により、心のまゝにおきふしつゝ、夕月の光りをまちいで、秋は草むらの虫をきゝ、白露に打なびく尾花をめで、冬は厚肥たる衣ども打かさね、火により居て雪を見る。
昔折にふれ、気色あるわたりへゆき、はた人にも交りなどしつるに、さては興ある事もいさゝかはうちまじれど、はた心づかひせられて、中々に味気なきこと共も多かりしかば、今はをさをさいづくへもゆかず。
いつともわかぬ友とては、はかなき文どもを明暮の慰めにて、あるものともなくて世を経れば、いとなむ心やすき。

世のなかは苦しきものをかぎろひのあるにもあらであるが楽しさ

。。。。。。。。。。。。。。。。

●これは、『井関隆子日記』、天保13年2月20日の条。隆子は、この時、58歳である。私は、今、84歳である。酒こそ、隆子のように飲めないが、心境は同様である。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。