面倒見のいい大学

面倒見のいい大学

  • 2020.01.18 Saturday

●1年前のFB
面倒見のいい大学で、昭和女子大学は、10位にランクされていた。
昭和女子大学は、本年、創立100周年を迎える。
人見圓吉先生も、人見楠郎先生も、緑先生も、現在の大学を御覧になって、喜んでおられると思う。

。。。。。。。。。。。。。。

死後の手続き
2019.01.18 Friday

●昨日、週刊朝日、2019年1月25日号を購入した。新聞広告で、

〇書き込み式 死後の手続き 保存版
〇面倒見のいい大学ランキング

の2本の特集があったからである。一つは、私もそろそろ死去が近づいているから、確認しておきたいと思った。面倒見のいい大学では、きっと、昭和女子大が出ているだろうと思ったからである。

●もう2年くらい前だと思う。昭和女子大学の総務部へ電話して、死亡した時の提出書類を送ってもらった。事務局の担当者は、まだまだ早いでしょう、と言われたが、いつ何時、事が発生するか、分からないから、と申し上げた。また、不手際で、ネット上の〔名誉教授〕の欄に、死亡後に、いつまでも「故人」と表記されないのも困るからである。書類には、必要事項を記入し、年金、保険関係書類と共に、息子に渡すように準備した。
●週刊朝日によれば、提出書類は、①死亡診断書・死亡届。②火葬許可申請書。③年金の支給停止。④世帯主の変更届。⑤健康保険の資格喪失届。・・・。20項目が羅列され、月日が記入できるようになっている。各項目を見ると、人は、このようにして、この世から消えるのだなと、具体的に感じられる。

●面倒見のいい大学ランキングでは、昭和女子大学は10位にランクされている。私が勤めていた頃から、ここまでやるか、と何度も思ったものである。面倒見のいい大学は、卒業生も母校を慕う。


投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。