女性研究者

女性研究者
2020.05.28 Thursday00:21

  • 今日、ネット上で、女性研究者を対象とする研究に関して出ていた。その中に、私の『井関隆子の研究』も入っていた。私は、昭和女子大学で『井関隆子日記』を講義していた頃、近世の女性歌人・俳人・文人に関しても、研究しようと考えたが、時間的にゆとりがなく、あきらめた。やがて、若い研究者が、拡大・深化してくれるだろう。

。。。。。。。。。。。。。。。。

女性研究者を対象とした研究助成」A 実施報告書
所 属 部 局・職名 釧路校・
准教授 氏 名 雲岡梓

《上記研究助成を受けて得られた効果等について》
国文学に関する講義では、古典文学等の文学作品の他、それらに関連する研究書・研究 論文・一般書等を広く参照し、最新の学説・研究状況を反映させることが必須である。そ こで、女性研究者を対象とした研究助成金にて、第一に授業資料作成のための下記の参考 図書を購入した。

『井関隆子の研究』・『夫木和歌抄 編纂と享受』・『異体字の世界 最新版』・『新版 おく のほそ道 現代語訳/曾良随行日記付き』・『現代語訳 南総里見八犬伝 上・下』・『現代語 訳 江戸怪異草子』・『平田篤胤 交響する死者・生者・神々』・『現代語訳江戸の伝奇小説』・ 『稲生物怪録 平田篤胤が解く』・『実録四谷怪談―現代語訳『四ッ谷雑談集』 江戸怪談を 読む』・『書いておぼえる江戸のくずし字いろは入門』・『古文書はこんなに面白い』・『江馬 細香―化政期の女流詩人』・『女性漢詩人 原采蘋詩と生涯』・『増訂 原采蘋伝』他
これらの図書は、担当する「日本文学講読」「日本文学特講」「日本文学概論」「日本文学 史」等で配布する授業資料作成のために活用する。

これらから得た知識を新年度の講義内 容に活かし、学生により良い学びを提供できるよう努力する所存である。 第二に、自身の研究課題である江戸女流文学の研究のため、和装本『列女百人一首』(緑 亭川柳編 葛飾北斎、豊国画、山口屋藤兵衛板、弘化 4 年刊)・『和漢三才図会』影印本(新 典社、昭和 54 年)・「怪世譚紙焼き資料」(実践女子大学図書館所蔵)を購入した。和装本、 紙焼き等の原資料や影印本を用いることによって、高い研究成果を出すことが期待できる。 第三に、ハンドスキャナー・SD カード・コピー用紙・ボールペン等の消耗品を購入した。 これらは日々の業務に活用していきたい。 女性研究者を対象とした研究助成にてご支援いただいたことで、教育・研究両面ともに 有効活用できる資料を収集することができ、深く感謝申し上げます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。