鈴木重嶺の『翠園叢書』

鈴木重嶺の『翠園叢書』

  • 2020.09.18 Friday
鈴木重嶺の『翠園叢書』

●昭和女子大学図書館所蔵の『翠園叢書』がデジタル化されて、公開された。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

翠園叢書

時代・年 [明治-大正-昭和]
資料タイプ 和装本
タイトル 翠園叢書
責任表示(著者・作成者等) 翠園[著]
出版者 書写者不明
出版年月日 [1—].[–].[–]
形態 冊 ; 22.5×16.1cm
注記 2018年度図書館特別展展示資料 写本/和装,袋綴じ,帙入り/書名および巻冊次は題簽による/内容注記は目録もしくは外題・巻頭による/小口の書名:翠叢/朱墨による書き入れあり/虫損あり/vol.31-60は別書誌/vol.61-68は別書誌
索引語
コレクション区分2
コレクション区分1 翠園文庫
請求記号・整理番号 翠Ⅰ2/1
資料ID 0002042290
著作権
公開範囲 学外公開
アーカイブコード 1972

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●以下は、私のメモである。是非とも、多くの方々に利用して頂きたい。

1,翠園叢書

全68巻・67冊(巻之三十・巻之六十三は欠)
半紙本,写本(翠園・鈴木重嶺他の筆),縦225ミリ×横160ミリ(巻一)。
表紙 茶色系布目表紙で,濃淡によって以下の三種に分かれる。
A薄黄茶色(巻一~二十五、二十七~二十九,六十二)。
B幹色(目録,巻二十六,三十一~四十五)。
C象牙色(巻四十六~六十一,六十四~六十八)。
題簽 左肩に子持枠(版刷)に文字は墨書。
「翠園叢書目録」
「翠園叢書一(~二十,二十一~二十九,三十一~四十〔40が三十九とあり訂正されている〕~五十八,五十九〔58・59が五十九・五十八とあり,訂正されている〕六十~六十二,六十四~六十八)」
各冊の前表紙に収録の書名が墨書されている。
行数・字数は一定していない。
蔵書印 「翠園」陽刻縦長方形朱印(巻21・40・41・67・68)。
各冊の内容は以下の通り。
目録 用紙は子持枠縹色罫紙,毎半葉十行。墨付十一丁。前に二丁,後に三十七丁の未記入の罫紙が付いている。収録書目を巻毎に記す。

以下,各巻の収録書目とその丁数を示す。

巻之一 国家八論31丁(朱の頭注あり),古冠考附直冠之考37丁(頭注あり)
巻之二 結記36丁(図入り,注あり),追加結記22丁。
巻之三 二見浦34丁。
巻之四 時文摘紕26丁,目録2丁,聖像考7丁,人名考9丁,謹対五条15丁。
巻之五 むらさきのゆかり29丁,新撰月百首・付林家書牘16丁,よつの時の行かひ4丁,西城新殿歌3丁。
巻之六 氷融秘策12丁,さか衣8丁,よしやあしや20丁。
巻之七 順徳帝御製百首11丁,順徳帝御詩謌2丁,二巌団三郎伝5丁,貉邱記6丁,東北風談21丁。
巻之八 仙語記18丁,芳宜園判哥合20丁,十八番歌合/蘆庵大人判詞19丁。
巻之九 楠正行遺状之事5丁,関の秋風41丁。
巻之十 歌体約言11丁,藤垣内文集27丁,佐渡名所歌集(相川八景とも)7丁佐渡名所追加3丁,嶋曲の古豆美18丁,佐渡国人井上幹の文5丁。
巻之十一 泊筆話55丁。
巻之十二 蒿蹊百首14丁,四季百首14丁,雑題百首13丁,馬百首13丁。
巻之十三 落栗物語(上・下)93丁。
巻之十四 寛永御上洛之記76丁。
巻之十五 浅間の記・炎上の記32丁。天正十年五月廿四日/於愛宕山成徳院明知日向守興行連歌六丁,浪華義少女六丁,清国妓琉球人書10丁。
巻之十六 独語66丁。
巻之十七 答問録46丁。
巻之十八 東鑑不審問答20丁,新野問答,一名有職問答16丁,青雲図賛26丁。
巻之十九 小金原御蒐記40丁,建久四年五月/頼朝公冨士野裾野御巻狩日記実録23丁。梶左兵衛佐定良略記16丁。
巻之二十 宝所詠草糾謬・弁宝所詠草糾謬49丁。
巻之二十一 春秋吟13丁,住吉百首和歌26丁。
巻之二十二 文政二年清水浜臣判歌合61丁。
巻之二十三 文化十五年清水浜臣判歌合/三十六番歌合/十八番当座歌合/十八番歌合48丁。
巻之二十四 千種殿与黒沢翁麿歌難陳15丁,生死名義考11丁,舞楽記(二荒山)4丁,春台先生答水野氏書12丁。
巻之二十五 太平賦13丁,あつさ物語23丁。
巻之二十六 神代のいましめ28丁,井関隆子長短歌10丁,中嶋広足文章4丁。
巻之二十七 恵美具佐48丁。
巻之二十八 野山の夢40丁,蔵田茂樹集14丁。
巻之二十九 大和賊徒退治記45丁。
(巻之三十欠)
巻之三十一 田安黄門宗武卿玉凾叢説書抜甲45丁。
巻之三十二 玉凾叢説書抜乙42丁。
巻之三十三 泉のひゝき38丁,みやこの大路25丁。
巻之三十四 千木の片そき66丁。
巻之三十五 今やう雑芸61丁。
巻之三十六 本居宣長大人伝3丁,宣長翁遺言書7丁,心尽しの日記(上・下)23丁、三条西季知卿家集16丁,十二月和名考完24丁,月名九丁。
巻之三十七 知李ひち甲74丁。
巻之三十八 塵ひち乙55丁。
巻之三十九 松廼古宝連葉29丁,大ぬさ弁妄33丁。
巻之四十 幤の寄瀬甲38丁。
巻之四十一 幤の寄瀬乙51丁。
巻之四十二 村山・畠山金川月見の記11丁,蒼生子判扇合27丁,呼子島之説6丁,文章くさ/\13丁。
巻之四十三 古文字(日本神字考)38丁,樺島浪風記(上・下)31丁。
巻之四十四 竹箒20丁,太田持資花月百首8丁,墨田川二百首19丁,しのふのの露4丁。
巻之四十五 旅寐のすさひ15丁,伊香保前橋の記13丁,難菫迺説19丁,すみれの説  18丁。
巻之四十六 東鑑集要(上下)33丁,おもひくさ全20丁。
巻之四十七 清浦朝臣尚歯会之記10丁,馬内侍集27丁,源重之むすめの集2丁,夕顔巻其外の説とも6丁。
巻之四十八 詠史百首(作者=千浪,難者=胤平)44丁。
巻之四十九 越白山紀行・山分衣27丁。
巻之五十 河つらなる家にほとゝぎすをきく詞59丁。
巻之五十一 清水浜臣長歌文集14丁,橿園長歌集34丁。
巻之五十二 まなひの道々18丁,おろかおひ23丁,阿豆佐由美19丁,阿豆佐由美附録3丁。
巻之五十三 拠字造語抄59丁,拠字造語抄補15丁。
巻之五十四 箱根日記39丁,都支山日記24丁。
巻之五十五 上信日記73丁。
巻之五十六 遊京漫録・巻一70丁。
巻之五十七 遊京漫録・巻二53丁。
巻之五十八 筆のすさみ(一名目さまし草)甲65丁。
巻之五十九 筆のすさみ(一名目さまし草)乙68丁。
巻之六十 君臣歌16丁,雲のころも14丁,初しくれ15丁,古代の髪の考16丁
巻之六十一 たひ路の打聞34丁,哥のしらへ8丁。
巻之六十二 点降言44丁。
(巻之六十三欠)
巻之六十四 高句麗古碑考(古碑の模写を付す)57丁。
巻之六十五 童話長編23丁,千種有功卿義士之賛7丁,千蔭和歌会式7丁,東宰府天満宮神前歌式会9丁。
巻之六十六 幕府年中行事歌合118 丁。
巻之六十七 泊文集・甲90丁。
巻之六十八 泊文集・乙105 丁。


投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。