歴史における史料

歴史における史料

  • 2020.10.22 Thursday
歴史における史料

●今日の〔天声人語〕では、東大名誉教授、坂野潤治氏を取り上げている。

史料を集めるだけの人。史料を見ないで言うだけの人。そして崩し字の史料が読めない人。この3類型に陥ってはならぬ。

と言うのが、坂野氏の持論だったと言う。誠に至言。これは、歴史に限らず、文学研究にも通じる。

●私は、『仮名草子集成』の作業に長年従事して、嫌と言うほど、その、作品論、作者論を執筆したいという衝動にかられた。しかし、その時間は無い。ただ、仮名草子研究史の上から見た時、これは、我慢しなければならない。そのような場合もある。  2020年10月22日

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。