昭和女子大学 オンライン研修

昭和女子大学 オンライン研修

  • 2020.10.25 Sunday
昭和女子大学・オンライン研修
鶴岡再発見! -先端と伝統文化の魅力発信-

2020.7.22
第3回オンライン研修

こんにちは。
鶴岡再発見!プロジェクトです。
7/17(金)にオンライン研修が行われました。

(オンライン研修の様子)
今回は、出羽三山の山伏である伊藤賢一さん(山伏名:伊藤秀悦さん)のお話を伺いました。
研修中は伊藤さんが実際に羽黒山を歩きながら様々なことを説明してくださいました。
日本遺産である出羽三山では、3つのお山(羽黒山、月山、湯殿山)を回ることで生まれ変わることができます。

今まで神社やお寺に関してあまりよく知らなかったのですが、お話を聞いて古人の力を感じることができました。特に印象に残っているのは、上の写真にもある国宝羽黒山五重塔です。こちらの塔には心柱という柱が1階から5階まで貫いて立っています。この柱のおかげで今まで一度も倒れたことがありません。この免震構造は東京スカイツリーでも使われています。古の力が現代にも使われていることにとても驚きました。

この研修を通して、古の力を感じました。研修を生かして若い年代の方にも興味を持ってもらえるような活動をしていきたいと思いました。

。。。。。。。。。。。。

●私は、この出羽三山の調査を5日間、連続調査した。この山中には、明治以前は、300もの寺があった。それらが全て破却されたのである。明治の神仏分離とういう、愚による。

●研修の学生にも、そこに目を向けて欲しいと思った。

投稿者:

fukaaki

近世文学、特に、仮名草子、近世日記文学を研究している。 昭和女子大学に勤務していたが、定年退職。現在、同大学名誉教授。 仮名草子は、特に、如儡子・斎藤親盛を研究。日記文学では、井関隆子の研究をしている。