複写機

複写機

  • 2019.08.18 Sunday
複写機

●菊池先生のエッセイに、複写に関して書いておられる。上田花月の蔵書も閲覧させてもらっているが、花月の人となりも推測できる。
。。。。。。。。。。。。。

投書家細見

2019/08/18_Sun_15:09
複写機のある世の中に生まれたことをありがたいと思う。
昭和二年、宮武外骨は別所温泉で上田花月に会い、「投書家細見を五円位でお譲り下さいませんか」と頼んだところ、2部複写の後、原本を郵送進呈されたという。
この時代に複写機はないから、書写したものである。
この原本は、現在、東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫に保存されている。その見返しには、次のような外骨の書込みがある。
此珍本
昭和二年十一月三日
信州別所温泉遊浴中
上田花月こと飯島茂経兄より
贈らる
外骨㊞

此前日、予が花月子ニ本書の借覧を乞ひしによつて、子が別所温泉の花屋ホテルへ携へ来られしなり、予が花月子に対して「ワタシが十六歳の時、団珍に投書したことがあります、其頃本書を購入して久しく持つてゐたのですが、二十二年入獄の不在中に紛失したのを今に惜く思つてゐるのです、近年三都の古本屋をあさツても見当りませぬ、失礼ですが、五円位でお譲り下さいまませんか」と要請せしにつき、温厚の花月子ハ微笑しつゝ「それほど御熱望ならば進呈します」とて我有に帰せしなり、此事決定せし後、花月子は「ワタシも参考にとつて置きたい本ですから、複写して後に郵送します」とのことであつたが、其際同伴の花岡百樹子が複写を担任し、両子保存の複写本二冊を製して後、本書を郵寄されたり、其割愛の情、切なりしを察すべし
。。。。。。。。。。。。。。。

●私は、複写機が登場した時代に研究生活をしていた。最初、日本橋にゼロックスの店が登場し、わざわざ、複写に出掛けことがある。また、建築などで使う、青焼き、を利用したこともある。

●先日も書いたが、昭和39年(1964)に発表した、私の第一論文は、5部書き写して、査読の先生方にお送りした。『可笑記』の本文も、関係諸論文も、全て、ノートに書き写した。

●現在は、コピペが出来るし、ネット上でも、かなり大容量のデーターが送信できる。私たちは、論文の中身を十分に消化し、吸収するように、気をつけなければ、失敗する。

1年前のFB

ロゼッタストーン

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

現在、大英博物館に正面入り口から入ると広間のGreat Courtに出るが、それより左の展示室群は古代ギリシア、古代エジプトコーナーとなっている。ロゼッタストーンは、Great Courtから入ってすぐの展示室を左に30メートルほど進んだ場所に、右側の壁際におよそ

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
コメント
コメントする…
 
深沢秋男さんが過去の思い出をシェアしました。
2分前

ロゼッタストーン

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

現在、大英博物館に正面入り口から入ると広間のGreat Courtに出るが、それより左の展示室群は古代ギリシア、古代エジプトコーナーとなっている。ロゼッタストーンは、Great Courtから入ってすぐの展示室を左に30メートルほど進んだ場所に、右側の壁際におよそ

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
いいね!

コメントシェアする

コメント
コメントする…
 

『井関隆子日記』の現代語訳
2019.08.16 Friday06:07
●2019年8月15日の『山梨日日新聞』に記事は出た。郷里、身延町の作家、池田茂光氏が、『井関隆子日記』の現代語訳に取り組んでおられる、という内容。

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
コメント
コメントする…
 

德川将軍15代と私
2019.08.15 Thursday09:04

●『歴史人』9月号の特集は「徳川将軍15代の真実」である。私は、近世文学を専攻したが、文学作品を解明するに当たって、隣接諸学の国語学や歴史学などは、特に重視した。

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:7人、テキスト
コメント
コメントする…
 

武士道と『可笑記』
2019.08.14 Wednesday07:12
武士道と『可笑記』 笠谷和比古氏の講演

NPO 法人成育環境研究開発機構講演会 

もっと見る

コメント
コメントする…
 

鹿島則孝の出自
2019.08.13 Tuesday06:54
鹿島則孝の出自

●平成5年(1993)6月、『鹿島則孝と『桜斎随筆』』を出した。その現物が手許に無くなった。念のため国会図書館の書誌を示す。

もっと見る

コメント
コメントする…
 

德川将軍15代と私

德川将軍15代と私

  • 2019.08.15 Thursday
德川将軍15代と私

●『歴史人』9月号の特集は「徳川将軍15代の真実」である。私は、近世文学を専攻したが、文学作品を解明するに当たって、隣接諸学の国語学や歴史学などは、特に重視した。

●学生時代から、歴史社会学派の学会に所属していた関係もあり、歴史は特に重視した。卒論にも『徳川実紀』や『徳川禁令考』なとは利用していた。

●徳川将軍では、初代・家康、2代・秀忠、3代・家光、これは、〔自分の時代〕と認識して、親しみ、興味を持ち、史料を読んで学んだ。

●仮名草子研究をしてみて、まず、このジャンルは、一般の文学研究と同じ方法では、効果が上がらないと気付いて、独自の方法を導入した。そのため、日本文学研究会では、時々、諸先生から注意されたこともあった。しかし、自分の研究方法に関しては公表しなかった。

●後年、11代・家斉、12代・家慶、13代・家定、これも、〔自分の時代〕になった。それは『井関隆子日記』を研究したからである。

●そんなことで、私の中では、4代・家綱~10代・家治、が何となく、影が薄い。

●家康・秀忠・家光、の時代では、史料に大変多くのことを学んだ。家斉・家慶・家定の時代でも、史料から多くのことを学んだが、それと同時に、これらの公的記録の《虚構的》な要素も確認することができた。

●歴史学者もたくさんいるが、色川大吉氏と言う、優れた歴史学者の研究に出会えたのは、実に有難かった。色川氏の方法に、少なからず触発された。今、改めて感謝申し上げる。

ビッグデーターから個人特定

ビッグデータから個人特定

  • 2019.08.11 Sunday
ビッグデータから個人特定
。。。。。。。。。。。。。。。。

ビッグデータなどで活用される匿名化された大量のデータの安全性に疑問を投げかける研究結果が、海外で発表された。プライバシー保護のために匿名化されていても、複数の断片的な情報を手がかりに高い確率で個人が特定されるというのだ。
研究結果は英国とベルギーの研究チームが先月下旬、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
ビッグデータはマーケティングなど幅広い分野で活用されつつあり、企業など第三者に提供・販売されている。その元となる個々のデータは、提供前に氏名、住所などを削除し、クレジットカードの購買履歴、鉄道の乗降履歴などから個人の特定につながる部分はあいまいにするなど、匿名化が行われる。
【朝日新聞 デジタル より】
。。。。。。。。。。。。。。。。

●昨日、私は、『桜斎随筆』『あすか川』の総目次を、ブログ、FBにアップした。この膨大なデータに対しても、クレームは付かなかった。ネットを開始した頃を思うと、夢のようである。

●ネット上では、SNSなど、匿名をいいことに、言いたい放題。そこから問題も生じる。私は、当初から、全て実名で情報発信してきた。

●何時頃からか、HPの下に、次のようなコメントが表示されるようになった。
。。。。。。。。。。。。。。

日本
並木、埼玉県所沢市 – 過去のアクティビティに基づく – 正確な現在地を使用 – 詳細
ヘルプフィードバックを送信プライバシー規約
。。。。。。。。。。。。。。。。

情報発信の特定についての、注意喚起だろうと思う。


祝 『幕末の江戸風俗』第2刷

祝 『幕末の江戸風俗』 第2刷

  • 2019.08.10 Saturday
祝 『幕末の江戸風俗』第2刷発行

岩波文庫『幕末の江戸風俗』塚原渋柿園著、菊池眞一編
2018年8月17日 第1刷発行 定価950円+税
2019年7月16日 第2刷発行 定価950円+税

●菊池眞一氏の労作、岩波文庫『幕末の江戸風俗』、第2刷が発行された。第1刷から1年間かかった。手軽な新書などの中には、1週間後、10日後などに増刷され、大部数発行されるものもある。その点、少しのんびりした動きではあるが、この種の地味ではあるが、一定の読者を持つ著作は、息が長い。今後、5年、10年と増刷されて、読者の求めに応じてゆくものと思う。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

『近代文学研究究叢書』第十七巻(昭和女子大学光葉会。昭和三十六年八月二十日)で、大塚豊子・有江千賀子は、「この前後〔注=明治四十二年〕より大正初年にかけては創作活動より評論、随筆などが多く、これらは維新前後の実録として、或は江戸時代の故実を知る上で、また渋柿園自身の人間形成を辿る上に貴重な資料である」としている。随筆・講演解の類が七十点ほどあるが、幕末・明治の歴史・風俗の証言として貴重なものがあるので、主なものをここに集めた。

。。。。。。。。。。。。。。。。

●菊池氏は、解説の中で、このように述べ、参考文献の中にも、大塚豊子氏・有江千賀子しの文献を掲げておられる。人見圓吉先生の御指導なされた研究が、確実に実を結んでいる事を知ることが出来る。

★付箋のあるのが 第1刷


創作の力

創作の力

  • 2019.08.08 Thursday
創作の力

●今日、NHK、BS1で、〔奇跡のレッスン、筆の町で書道の指導〕を見た。再放送らしいが、素晴らしかった。中国人の、指導の先生が素晴らしい。授業の最後に、熊野町の人々の前で、全員で作品を実演披露した。最後に、先生は、「書の力」と朱で書き込んだ。

●北村薫氏は、小説『小萩のかんざし いとま申して 3』(2018年4月5日、文藝春秋)で、次のように書いて下さった。これは、「文章の力」である。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昭和五十五年十月八日、横山重が逝った。八十四歳だった。
第一章に記した通り、平成二十八年、横山の晩年を知る深沢秋男氏にお話をうかがうことが出来た。
深沢氏は法政大学大学院にいた昭和四十二年、研究上の必要があり、資料閲覧を願う手紙を横山に書いた。翌四十三年五月に初めて横山の家を訪ねた。当時、横山は愛知県犬山にいた。和本を収めた茶箱の山の中に座り、あい夫人と共に、深沢氏を温かく迎えてくれた。辞去した時には夕方になっていた。外に出るとあいにく雨が降り出していた。
「これを使いなさい」
と渡してくれたこうもり傘を家に帰ってよく見たら、柄に千枚通しか何かで《赤木文庫》と彫られていた。
――先生と会えた、よい記念だ。
と思い、いただけないか、と手紙を出したら、すぐに返事が来た。一つの本について徹底的に諸本に当たろうとする深沢氏の姿勢を褒め、さらに自分の蔵書を赤木文庫と名付けたのは、松本の南二里にある小山が赤木山であり、その北を《横山》といったからだと明かし、また恩師《島木赤彦》の名前に《木》と《赤》が含まれるからでもある――と記した、快諾の手紙だった。
深沢氏は、それからも貴重な指導を受けた。横山は、一冊で家が一軒建つほどの高価な蔵書でも惜しみなく貸してくれた。
思い出の傘は、五十年近い年月が流れた今も、深沢氏の机の左手にあり、氏の研究を見守っているという。
横山が静岡県伊東の家で亡くなった時、深沢氏は横山が寝たきりになっていたベッドを見た。横山が毎日めくっていた大きな日めくりが十月八日になっていた。そこで横山の時が止まったのだ。深沢氏は許可を得て、八日と九日の分を貰い、家に大切にしまった。
日めくりには、日毎に金言が記されていた。十月八日の言葉は、
《一事を怠る者は万事を怠る》
だった。
ところで、深沢氏の言葉で一番印象的だったのは、お会いする前のものだった。深沢氏は、
――先生のことを悪く書くようなら、お話しするわけにはいきません。
と、いったのだ。
横山への悪評がいかに根強かったか、それと同時に、身近にいた人にとって横山がいかに魅力的だったか、一瞬に伝わる。
横山への人物に、また文章に魅せられた人は何人もいる。『書物捜索』中「雀のやど」の回を読み、落涙し、
――志賀が最も好きな文章だ、志賀に見せたい、本にしたいから雑文を送れ。
といってよこし、そのひと月ほど後に逝ってしまった柳宗悦などもそうだ。志賀とは無論、志賀直哉である。
深沢氏もまた横山を知り、愛した、幸せな一人だ。

。。。。。。。。。。。。。。。

7月の出来事

7月の出来事

  • 2019.08.08 Thursday
7月の出来事

●FBのスタッフからのメッセージ

◎深沢秋男さん 7月の出来事
◎池田茂光さんの投稿にたくさん「いいね!」しました
◎8月も楽しい月になりますように

●郷里の作家・池田さん、私のFBでのお友達は、この一人のみ。あとは、昭和女子大のいくつかに「いいね!」をしているくらいである。

●ネット上の発信は、〔深沢秋男の窓〕〔老人雑録〕FBの〔深沢秋男〕であるが、コメントは一切お断りしている。対応に時間の消費はしたくない、ということで、失礼とは思うが、許して頂いている。

テンプル大世田谷キャンパス

テンプル大、世田谷キャンパス

  • 2019.08.06 Tuesday
テンプル大学世田谷キャンパス竣工

。。。。。。。。。。。。。。

竣工式で坂東理事長・総長は「昭和女子大学にとって大変画期的な、グローバル化への新しいステージに歩み出した。近隣の方々のご協力やご理解があってこそできたことで、感慨無量。日本やアメリカ、さらには地球に役立つ人材をここから送り出したい」と、関係者の尽力に感謝しました。
設計監理を担当した古橋建築事務所の古橋祐所長は「まさに、人種のるつぼである。るつぼは耐熱容器だ。様々の人の思いがここで熱くヒートアップし、新しい何かが育っていってほしい」と新キャンパスへの期待を込めてあいさつしました。
施工者を代表して、浅野和茂東急建設副社長は「世界中の若者が手をつないで、育つ。それが日本でできるのが本当に楽しみ」と語りました。
式典後、キャンパスツアーが実施され、ストロナクTUJ学長の案内で開放的で先進的なキャンパスが披露されました。
。。。。。。。。。。。。。。

●昭和女子大学のHPに、米テンプル大学のキャンパス竣工の記事が掲載された。設計は、古橋建築事務所であったが、家工は、戸田建設ではなく、東急建設に変わっている。


1年前の思い出

1年前の思い出

  • 2019.08.05 Monday

1年前の思い出

Facebookでの過去の思い出
深沢秋男さん ―Facebookでシェアした1年前の投稿を振り返ってみよう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●今日、フェイスブックのスタッフから、こんなコメントがあった。コメントに従って、1年前を振り返ると、大変な事があった。

〔1〕  私の研究生活の中でも、画期的な、〔事件〕とも言っていい事実が解明されたのである。それは、仮名草子『可笑記』の作者の祖父の出自が解明されたことである。

●60年近い過去、大学の卒論の時の疑問が、解消されたことである。越後の国、赤岩地区の、斎藤家総本家に、代々伝承されてきた、家系図を閲覧させて頂くことが出来たのである。全長6m40㎝、斎藤家総本家の、現在の当主、斎藤氏の御高配に対して、心から感謝して、調査させて頂いた。これは、その調査結果を、昨年末に発行された、『近世初期文芸』第35号に発表した。

●さらに、斎藤家に、大切に伝承されてきた、総本家の陣羽織も、その現物を調査させて頂いた。この陣羽織は、おそらく、如儡子・斎藤親盛も、越後の赤岩の斎藤家総本家で見ているものと推測される。これに関しては、本年12月に発行予定の『近世初期文芸』第36号に発表予定である。

〔2〕  もう一つの思い出は、私の出身地、甲斐の国、身延町の『広報 みのぶ』3018年8月号に、郷里の作家、池田茂光氏が、私のことを紹介して下さったことである。大学卒業以来、とんと御無沙汰をしている故郷の広報誌。このようにして頂いて宜しいのだろうか。

●8月1日朝、身延町の実家から電話があって、私の事が掲載されているよ、と知らされた。やがて、現物も送って頂き、感謝感激だった。ごく近しい方々へ御報告、面はゆいひと時を頂いた。

●皆様、有難うございます。