キーボード

キーボード

  • 2020.10.20 Tuesday
キーボード

●菊池先生のエッセイに、キーボードについての書き込みがあった。先生のパソコン関係の使い方は、すさまじい。コピーの枚数についも驚いたことがある。

。。。。。。。。。。。。。。。

2020年10月20日

キーボード

キーボードが不調になった。
チャタリングが時々起きていたが、10月になって「つ」のキーを強く打たなければ入力されなくなったので、耐えかねて別のにした。
この30年程で、パソコン・プリンタは十数台、キーボードは数十台買った。昔は買った時に付いてきたキーボードを殊勝に使っていたが、「老い」が募るにつれ、より静かな、より軽快なものを求め、あれこれと買い換えるようになった。
今回のも、いつまで我慢できるか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●私のパソコン歴も長い。ワープロからパソコンへ、変るたびに、菊池先生、大学のパソコンセンターの方、息子の助けを借りて、切り抜けてきた。ワープロ時代は、富士通の親指シフトとJISキーボードを併用した。文章変換ソフトも、一太郎・霧などは使わず、最初からワードだった。

●とにかく、仮名草子研究に役立つものを優先して使った。コピペも便利だが、スキャナは、便利で、これが無ければ、私の研究は、こんなに進まなかったと思う。1昨日も、2台目のスキャナを息子が買って来てくれた。

●皆様に、感謝、感謝の研究生活だった。昨日、大きな仕事の区切りがついた。もう、パソコン、ネットの世界から引退しようと思ったら、息子は続けろと言う。さて、この老齢で、どうするか。思案中てである。

「女性リーダーは世界を変える」

「女性リーダーは世界を変える」

  • 2020.10.19 Monday
2020年10月13日プレスリリース
11/9(月)昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」開催
昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区)は、創立100周年を記念して公開シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」を11月9日(月)にオンラインで開催します。参加無料で、先着順1,000人でどなたでもご参加いただけます。
世界経済フォーラムが毎年発表する「ジェンダーギャップ指数」で、日本は今年過去最低の121位になりました。政治・経済などのリーダー層を依然として男性が占め、女性が能力を発揮できる社会の実現がまだまだ遠い日本。この男女格差から脱却するために、私たちは何ができるでしょうか。
1920年に開設した昭和女子大学は、100年の長きにわたり、社会と時代の要請する女性の育成に努めてきました。シンポジウムは、今春メディアで初めてジェンダー平等宣言をした朝日新聞社が共催し、大きく変化する時代に期待される女性リーダーのあり方を考えます。

昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」
日時:11月9日(月) 14:00~16:00
会場:ライブ配信による視聴 (事前登録制・先着1,000名)
主催:昭和女子大学  共催:朝日新聞社  後援:30%Club Japan
参加:無料

・イントロダクション「100周年と日本における男女平等への歩み」
・開会あいさつ     朝日新聞社上席執行役員 町田智子氏
・基調講演「リーダー像のパラダイムシフト」
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子
・パネルディスカッション「未来志向のリーダーとは」
パネリスト    花王株式会社 代表取締役社長 澤田道隆氏
ボストンコンサルティンググループ マネージング・ディレクター&シニア・パートナー秋池玲子氏
永山祐子建築設計 代表 永山祐子氏
ファシリテーター 昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員 治部れんげ
・閉会あいさつ     昭和女子大学学長 小原奈津子

総合司会       昭和女子大学 グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科長 今井章子

応募締め切り:11/2(月)
以下のウェブサイトからお申し込み下さい。先着1,000名様に視聴用URLをお送りします。
http://www.asahi.com/ads/swu

朝日新聞 2020年10月19日

深沢秋男

深沢秋男

  • 2020.10.18 Sunday
深沢秋男
(一般)
【ふかさわあきお】
〔出身・学歴〕昭和10年(1935)山梨県身延町(原村→中富町→身延町)に生れる。昭和23年 原村立原小学校卒業。昭和26年 原村立原中学卒業。昭和30年 山梨県立身延高校卒業。昭和37年 法政大学文学部日本文学科卒業。卒業論文 「仮名草子『可笑記』の研究」(指導教授、重友毅博士)。

〔職歴〕

昭和30年 原村役場、戸籍係、短期間で退職。昭和37年 北海道函館の高校内定、後、進路変更で、東京の桃源社編集部。昭和44年 誠文堂新光社辞典部。昭和58年 昭和女子大学専任講師。昭和62年 同助教授。平成6年 同教授。平成10年 同大学院兼任教授。平成17年 同定年退職。平成20年 同名誉教授。
〔研究主題〕

【1】 仮名草子。斎藤親盛(さいとう ちかもり。如儡子・にょらいし)。
【2】 井関隆子(いせき たかこ)。
【3】 鈴木重嶺(すずき しげね)。

〔研究の実践〕

【1】 重友毅博士主宰の「日本文学研究会」に参加。出席回数は450回以上。午前中はゼミ形式で、近世文学、近代文学を採り上げ、活発な討論を行う。午後は、会員の研究発表、質疑応答。対象は古代・中世・近世・近代・国語教育。毎月1回開催。この会で口頭発表し、修正して、会の機関誌、学術刊行物『文学研究』に発表。日本文学研究会は、平成19年に解散。『文学研究』は、平成19年4月発行の第95号で終刊となる。

【2】 昭和44年10月、島本昌一氏と「近世初期文芸研究会」を創設。特に貞門俳諧作品の注釈を行う。初期俳諧と仮名草子の関係を学ぶ。随時開催。仮名草子関係の論文は、機関誌『近世初期文芸』に発表。現在は責任集者。平成26年12月第31号発行。

【3】 野田寿雄先生の主宰された第1次「仮名草子研究会」に準備会から参加し、仮名草子作品の注釈を通して学習した。会場は、笠間書院、青山学院大学。毎月1回開催。

【4】 「昭和女子大学・日本文学研究会」に参加。研究発表は3回。年2回開催。

【5】 「日本近世文学会」に参加。年2回開催。研究発表は1回。

【6】 「全国大学国語国文学会」研究発表はせず。昭和女子大学開催時には諸事協力。

【7】 「歌舞伎学会」大会には参加せず、機関誌・刊行物を購入。

【8】 「芸文稿の会」平成20年4月設立。毎月1回開催。毎年1回研究発表。平成20年4月、機関誌『芸文稿』創刊。平成26年6月、第7号発行。

〔編著書〕

【1】可笑記評判  昭和45年12月25日,近世初期文芸研究会発行,非売品。東京大学図書館蔵本を底本として翻刻したもの。ただし『可笑記』本文・振り仮名は省略。解説・索引を付す。自費出版。
【2】浮世ばなし 付・明心宝鑑  昭和47年8月20日,勉誠社発行,5500円。(近世文学書誌研究会編,近世文学資料類従・仮名草子編・12)。『浮世ばなし』(横山重氏蔵本)・『明心宝鑑』(長澤規矩也氏蔵本)を写真複製して収録し,解説を付したもの。
【3】可笑記大成―影印・校異・研究―  昭和49年4月30日,笠間書院発行。(田中伸・深沢秋男・小川武彦 編著) 11000円。第1編 本文・校異,第2編 万治2年版挿絵について,第3編 『可笑記』の研究。文部省助成出版。
【4】新可笑記  昭和49年10月25日,勉誠社発行,9500円。(近世文学書誌研究会編,近世文学資料類従・西鶴編・11)『新可笑記』(横山重氏蔵本)を写真複製して収録し,解説を付したもの。
【5】江戸雀  昭和50年11月23日,勉誠社発行,10000円。(横山重監修、近世文学書誌研究会編,近世文学資料類従・古板地誌編・9)『江戸雀』の初印本(横山重氏蔵本)を写真複製して収録し,解説を付したもの。『江戸雀』の著者が「近行遠通」であることを解明した。
【6】可笑記評判(上)  昭和52年1月25日,勉誠社発行,10000円。(近世文学書誌研究会編,近世文学資料類従・仮名草子編・21)
【7】可笑記評判(中)  昭和52年2月25日,勉誠社発行,10000円。(近世文学書誌研究会編,近世文学資料類従・仮名草子編・22)
【8】可笑記評判(下)  昭和52年3月25日,勉誠社発行,10000円。(近世文学書誌研究会編,近世文学資料類従・仮名草子編・23)『可笑記評判』(名古屋大学図書館蔵本)を写真複製して収録し,解説を付したもの。
【9】井関隆子日記(上) 昭和53年11月30日,勉誠社発行,4500円。『井関隆子日記』(桜山文庫蔵本,現在,昭和女子大学図書館蔵)を全文校注し,解説を付したもの。天保11年の4冊分を収録。
【10】井関隆子日記(中) 昭和55年8月30日,勉誠社発行,4500円。『井関隆子日記』天保12年・13年の4冊分を収録。巻末に「鹿島則文と桜山文庫」を収録。
【11】井関隆子日記(下) 昭和565年6月5日,勉誠社発行,4500円。『井関隆子日記』天保14年・15年の4冊分を収録。巻末に索引と「井関隆子関係資料(補訂)」を収録。
【12】近世木活図録  昭和59年5月31日,青裳堂書店発行,5500円。(日本書誌学体系・37 朝倉治彦・深沢秋男 編)国会図書館所蔵の近世木活字本,123種の図版を収録し,解説を付したもの。
【13】桜山本 春雨物語  昭和61年2月25日,勉誠社発行,12000円。桜山文庫所蔵の,文化5年本・春雨物語を複製(2色刷)し,研究篇には,1,『春雨物語』の諸本。2,『春雨物語』の本文校訂。3,文化五年本の書誌・概観。4,桜山文庫本の書写者・墨筆と朱筆の原本・主筆の原本。5,桜山文庫本と西荘文庫本。6,桜山文庫本と漆山本。7,まとめ(文化五年本系統図)。を収める。
【14】仮名草子集成・10巻  平成元年9月30日,東京堂出版発行,15000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『をむなかゝみ』『女五経』『をんな仁義物語』『女みだれかミけうくん物語』『有馬山名所記』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【15】仮名草子集成・11巻  平成2年8月25日,東京堂出版発行,15000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『芦分船』『大坂物語』(古活字版第2種,菊池真一校訂解題)『大坂物語』(写本,青木晃校訂解題)『女式目 并 儒仏物語』『女式目』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【16】仮名草子集成・12巻  平成3年9月25日,東京堂出版発行,15000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『怪談全書』『恠談』(写本・片仮名本)『恠談』(写本・平仮名本)『怪談録』『幽霊之事』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【17】仮名草子集成・13巻  平成4年8月20日,東京堂出版発行,15000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『海上物語』『戒殺放生物語』『怪談録前集』『奇異怪談抄』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【18】鹿島則孝と『桜斎随筆』  平成5年6月25日,(私家版)非売品。桜山文庫(鹿島則良氏)所蔵の『桜斎随筆』(鹿島則孝編著,写本,全60冊,3509丁)の書誌・総目録,鹿島則孝略伝等を収録。
【19】仮名草子集成・14巻  平成5年11月20日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『鑑草』『可笑記』『戒殺放生文』(影印)の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。小川武彦氏「浅井了意『戒殺物語・放生物語』と□宏『戒殺放生文』」を収める。
【20】仮名草子集成・15巻  平成6年12月10日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『可笑記評判』(巻1〜巻7)の本文を翻刻収録。
【21】仮名草子集成・16巻  平成7年9月5日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『可笑記評判』(巻8〜巻10)『可笑記跡追』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【22】仮名草子集成・17巻  平成8年3月20日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『花山物語』『堅田物語』『仮名列女伝』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【23】仮名草子集成・18巻  平成8年9月20日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『かさぬ草紙』『枯書き杌集』『かなめいし』『鎌倉物語』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【24】仮名草子集成・19巻  平成9年3月20日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『葛城物語』『河内鑑名所記』『堪忍弁義抄』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【25】仮名草子集成・20巻  平成9年8月30日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『勧孝記』『堪忍記』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【26】仮名草子集成・21巻  平成10年3月20日,東京堂出版発行,18000円。(朝倉治彦・深沢秋男 編)『仮枕』『奇異雑談』(写本)『奇異雑談集』(刊本)の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【27】仮名草子集成・22巻  平成10年6月25日,東京堂出版発行,17500円。(朝倉治彦・深沢秋男・柳沢昌紀 編)『祇園物語』『京童』『京童跡追』『清水物語』(各版本)の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【28】神宮々司拝命記  平成10年7月25日,(私家版)非売品。(鹿島則良・加藤幸子・深沢秋男 編著)。 桜山文庫所蔵の,鹿島則孝編著『神宮々司拝命記』を全文翻刻収録し,解説・参考写真を付す。
【29】桜斎随筆・1巻〜6巻 平成12年11月10日、本の友社発行、120000円。(鹿島則良・深沢秋男 編)。手違いで、奥付に、編者名が無い。
【30】桜斎随筆のしおり 平成12年11月10日、本の友社発行、【29】の附録。(鹿島則良・深沢秋男 編著)
【31】桜斎随筆・13巻〜18巻 平成13年11月10日、本の友社発行、120000円。(鹿島則良・深沢秋男 編)
【32】桜斎随筆・7巻〜12巻 平成14年11月10日、本の友社発行、120000円。(村上直・深沢秋男 編)
【33】井関隆子の研究 平成16年11月1日 和泉書院発行、10000円。
【34】仮名草子研究文献目録 平成16年12月1日、和泉書院発行、3800円。(菊池真一・深沢秋男 編)
【35】仮名草子研究叢書・1巻〜8巻 平成18年2月25日 クレス出版発行、85000円。(菊池真一・深沢秋男 編)
【36】仮名草子集成・41巻  平成19年2月28日,東京堂出版発行,17500円。(花田富二夫・入口敦志・菊池真一・中島次郎・深沢秋男 編)『新語園』『十二関』『衆道物語』『親鸞上人記』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【37】仮名草子集成・42巻  平成19年7月25日,東京堂出版発行,17500円。(深沢秋男・伊藤慎吾・入口敦志・花田富二夫 編)『四しやうのうた合』『四十二のみめあらそひ』『水鳥記(寛文7年版)』『水鳥記(松会版)』『杉楊枝』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【38】浅井了意全集・仮名草子編・1巻 平成19年8月,岩田書院発行,15000円。(岡雅彦・小川武彦・湯浅佳子・深沢秋男 編)『堪忍記』『孝行物語』『浮世物語』『浮世ばなし』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【39】旗本夫人が見た江戸のたそがれ 井関隆子のエスプリ日記 平成19年11月20日,文藝春秋発行、730円。平成20年4月25日、6刷発行。
【40】斎藤親盛(如儡子)伝記資料 平成22年10月25日、近世初期文芸研究会発行、非売品。
【41】浅井了意全集・仮名草子編・3巻 平成23年5月,岩田書院発行,18800円。(花田富二夫・土屋順子・深沢秋男 編)『可笑記評判』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【42】仮名草子集成・47巻  平成23年6月30日,東京堂出版発行,18000円。(深沢秋男・伊藤慎吾・入口敦志・花田富二夫・安原真琴・和田恭幸 編)『醍醐随筆』『大仏物語』『沢庵和尚鎌倉記』『糺物語』『たにのむもれ木』『竹斎東下(写本)』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
【43】如儡子百人一首注釈の研究 平成24年3月20日、和泉書院発行、12000円+税。
【44】仮名草子集成・49巻  平成25年3月30日,東京堂出版発行,18000円。(深沢秋男・伊藤慎吾・入口敦志・中島次郎・柳沢昌紀 編)『智恵鑑』(巻6〜巻十)・『竹斎』(寛永整版本)・寛文板『竹斎』全挿絵・『竹斎』(奈良絵本)・『長斎記』・『長者教』・『長生のみかど物語』の本文を翻刻収録し,解説と参考写真を付す。
■雑誌論文等 70点余。『文学研究』『近世初期文芸』『学苑』等に発表。

★参考 「自著を語る」 → 『芸文稿』第1号(平成20年4月)
★参考 「仮名草子研究の思い出(昭和女子大学最終講義)」→ 『芸文稿』第7号(平成26年6月)
〔情報発信〕

【1】 学術雑誌『近世初期文芸』編集発行(昭和44年・1969創刊)
2014年12月、第31号発行
→ http://www.ksskbg.com/bungei/index.html
【2】 文芸雑誌『芸文稿』発行(平成20年・2008創刊)
2014年6月、第7号発行
【3】 ホームページ「近世初期文芸研究会」(平成11年、1999、開設)
2014年6月現在のアクセス、180000
→ http://www.ksskbg.com/
【4】 ブログ「fuakiの日記、写真付き」「傀儡子の日記」
→ http://d.hatena.ne.jp/fuaki/
〔参考事項〕

〔1〕 平成11年度、センター入試に『井関隆子日記』出題
〔2〕 平成20年度、明治大学入試に『井関隆子日記』出題
〔3〕 平成23年度、京都大学入試に『井関隆子日記』出題
〔4〕 平成22年度香川県公立高校の入学者選抜学力検査に『可笑記』出題
〔5〕 平成23年度京都府公立高校の入学者選抜学力検査に『可笑記』出題
〔6〕 平成23年10月23日、酒田市の上日枝神社境内に、「齋藤筑後守記念碑」
〔7〕 平成26年度京都府公立高校の入学者選抜学力検査に『可笑記』出題

〔趣味等〕
◎カメラ  NIKON-F〜F6。D-100。D-300。レンズは全てニッコール。
◎コピー機 RICOH-IMAGIO-MF2230(リース)。
◎パソコン インターネット専用、原稿作成専用の2セット、いずれもデスクトップ。他に予備のノート。 周辺機器一式。
◎遊印   冨樫省艸等刻、約400本。印泥は西玲印社。100本は公開中→「近世初期文芸」http://www.ksskbg.com/index.htmlの「篆刻遊印」・「篆刻遊印2」 。
◎造本   自著刊行の折は、出版社から刷り本をもらって、栃折久美子ルリユール工房で修業した安井康子氏にパッセ・カルトンで製本してもらっている。現在8冊。
◎外国   グアム、インドネシア、ギリシア、中国、ドイツ、オーストリア、チェコ、ハンガリー、スペイン、フランス、スイス、韓国。すべて遊びのツアー。
◎国内   仮名草子等の作品の諸本調査のため、全国各地を訪問している。ただし、大学か図書館が中心。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●これは、「はてなキーワード」の記載。「ウィキペディア」に何方かが、「深沢秋男」を立項して記載された。私自身から見ると、内容が不十分ゆえ、補綴しようとしたが、ウィキは、創設者の考えで、本人自身は書き込めない規定であった。そこて「はてな」に立項したが、「はてな」が消滅してしまった。
2020年10月18日

髪結いの亭主

髪結いの亭主

  • 2020.10.15 Thursday
髪結いの亭主

かみゆいていしゅ【髪結亭主】〔名〕収入の多い髪結を妻にもつと遊んで暮らせることから。妻の働きで養われている夫をたとえていう語。明治以後の語。髪結の亭主。(『日国』2版)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●ある御仁は、私の事を、本を出すのが趣味、だとか、髪結いの亭主、だとか、陰口をたたいた。本を出すことの意義が解らず、働きの無い妻をもった人種のやっかみだろう。ただ、大学でのんべんだらりと講義らしい事を続けて定年を迎えた人のジェラシーだろう。

●私の妻は、東京ホーチキに勤めていた。桜山文庫や大東急記念文庫などの閲覧の折など、私に同行して、学問の世界に触れる事はあった。そんな関係から、私の研究に手伝ってくれた事も、たくさんあった。

●妻が夫を助けて、手伝いをする、内助の功、これは、戦前の古い仕来りでは多かった。しかし、私は、終戦と同時に、小学生ながら、新しい人間関係を目指した。妻の母のために八百屋に寄って大根を買ったりした。母は、若いのに、そんな事はするな、とは言ったが、喜んでくれた。

●『井関隆子日記』出版の折、本文原稿は、全て妻が清書してくれた。3000枚である。この時、私は、感謝はしたが、人間の生き方として、疑問に思えた。妻を書斎に呼び、今後、私の研究には、一切関与しなくていい。その代わり、自分が生涯続けられる事に取組んで欲しい、おねがいした。

●妻は、日展審査員の今関脩竹先生に「書」を指導して頂いていた。のびのびとした書風は、今関先生からも褒められていた。私は、九段の平安堂から、羅門石の大きな硯を求めて、「書」を続けたらどうか、と提案した。

●その後、千葉の団地に居る頃、息子を授かり、2歳になった時、千葉美容専門学校に通学しだした。所沢に転居した時、美容師になり、やがて、管理美容師になって、美容院を経営し始めたのである。〔美容室エクセル〕を2店舗経営、15人前後の従業員と頑張った、35年間であった。一人の人間として、充実した生涯だったと思う。

●妻は、昨年他界した。77歳、結婚50年の生涯だった。妻は、私のことを問題にせず。のびのびと生きた。妻は、一生涯、私が研究しやすいように、常に配慮してくれたのである。


昭和女子大学 創立100周年記念 シンポジウム

昭和女子大学 創立100周年記念シンポジウム

  • 2020.10.14 Wednesday
昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム

。。。。。。。。。。。。。

2020年10月13日
プレスリリース

11/9(月)昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」開催
 昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区)は、創立100周年を記念して公開シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」を11月9日(月)にオンラインで開催します。参加無料で、先着順1,000人でどなたでもご参加いただけます。
 世界経済フォーラムが毎年発表する「ジェンダーギャップ指数」で、日本は今年過去最低の121位になりました。政治・経済などのリーダー層を依然として男性が占め、女性が能力を発揮できる社会の実現がまだまだ遠い日本。この男女格差から脱却するために、私たちは何ができるでしょうか。
 1920年に開設した昭和女子大学は、100年の長きにわたり、社会と時代の要請する女性の育成に努めてきました。シンポジウムは、今春メディアで初めてジェンダー平等宣言をした朝日新聞社が共催し、大きく変化する時代に期待される女性リーダーのあり方を考えます。
昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」

日時:11月9日(月) 14:00~16:00
会場:ライブ配信による視聴 (事前登録制・先着1,000名)
主催:昭和女子大学  共催:朝日新聞社  後援:30%Club Japan

参加:無料

 ・イントロダクション「100周年と日本における男女平等への歩み」
 ・開会あいさつ     朝日新聞社上席執行役員 町田智子氏
 ・基調講演「リーダー像のパラダイムシフト」
            昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子
 ・パネルディスカッション「未来志向のリーダーとは」
   パネリスト    花王株式会社 代表取締役社長 澤田道隆氏
            ボストンコンサルティンググループ マネージング・ディレクター&シニア・パートナー秋池玲子氏
            永山祐子建築設計 代表 永山祐子氏
   ファシリテーター 昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員 治部れんげ
 ・閉会あいさつ     昭和女子大学学長 小原奈津子 
 
  総合司会       昭和女子大学 グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科長 今井章子
 
応募締め切り:11/2(月)

以下のウェブサイトからお申し込み下さい。先着1,000名様に視聴用URLをお送りします。

http://www.asahi.com/ads/swu
昭和女子大学創立100周年

 1920(大正9)年、詩人人見圓吉・緑夫人が創設した日本女子高等学院に始まります。今では、こども園、初等部、中高部、大学、大学院を擁し、約9,000人が学ぶ教育機関へと成長しました。32年前に米国ボストンに海外サテライトキャンパスを開設、2019年には米国ペンシルベニア州立テンプル大学ジャパンキャンパスが世田谷の敷地内に移転し、スーパーグローバルキャンパスを実現しました。開学時に掲げた「高き識見、篤き至誠、清き気品」の基礎を備え、グローバルに通用する力を持った女性人材を育成していきます。
 100周年記念シンポジウムは今回を第1弾に、12月には第2弾「必要とされる女性経営人材とその育成」(主催・昭和女子大学、共催・パーソルホールディングス)を企画しています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

NHK 「戦国大合戦」

NHK 「戦国大合戦」

  • 2020.09.27 Sunday

●昨日のNHBSブレミアムの「戦国大合戦」は、実に面白く、近世初期の日本の戦国時代を知る上で参考になった。スペイン、オランダのキリスト教布教と貿易に関連していて、日本の諸大名も、これらの動きを、受け入れたり、利用したりして、切り抜けてきた。スペイン、ポルトガルの史料を紹介し、この時代の特集では、安手の歴史学者の解説が無く、充実した内容だった。

。。。。。。。。。。。。。。。。

天下統一のターニングポイントとなった「戦国大合戦」を徹底解剖するスペシャル!長篠の戦い・本能寺の変・関ケ原の戦い・大坂の陣など、迫力の合戦シーンが続々登場!鉄砲・大砲の発射実験で驚きの威力が判明!世界各地で新発見が相次ぎ、戦国日本が覇権のカギを握っていた事実が浮かび上がってきた。アジアに迫るヨーロッパ勢力と信長・秀吉・家康の熾烈な駆け引きの行方は?白熱のドラマで英雄たちの運命を描く戦国史の決定版!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

スペイン プラド美術館

スペイン プラド美術館

  • 2020.09.25 Friday

スペイン プラド美術館

オンライントーク: プラド美術館修復師、和田美奈子さんに聞く / Charla en línea: Minako Wada, restauradora de papel en el Museo del Prado

詳細

オンライントークイベント
『プラド美術館の紙修復師、和田美奈子さんに聞く』
9/26(土)16:00-17:30
*日本語のみ

スペインが世界に誇る国立プラド美術館、ここにはゴヤ、ベラスケス、エル・グレコなど、世界有数のコレクションが集められていだけではなく、スペイン人の記憶の遺産が収められる特別な場所でもあります。スペイン、マドリードを旅する人が必ず訪れるここプラド美術館に、和田美奈子さんは10年前から紙修復師として働いています。

今回のトークでは、和田さんがどのようにしてスペインに渡り、プラドの修復師として働くことになったのか、さらにプラドが所蔵する版画や素描コレクションについて、また3万点以上の紙作品を修復するという壮大な仕事が日々どのように進められているのか、加えてコロナ禍におけるプラド美術館の現状について伺います。
通常の訪問では知ることのできない、貴重なお話を伺うことができることでしょう。
聞き手にはスペイン美術史の研究者でプラド美術館とのゆかりの深い木下亮先生をお呼びいたします。

和田美奈子さんプロフィール
大学卒業後、日本にて会社員勤務、そしてスペイン出向を経てゼロから修復師を志すことを決意。
修復師養成学校での学業を修了し、スペインの修復機関IPCE (Instituto de Patrimonio Cultural de España)やソフィア王妃芸術センター美術館で経験を積み、2010年より国立プラド美術館の正職員修復師。唯一のアジア人スタッフとして勤務。

聞き手

木下 亮(昭和女子大学 教授)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●私は、平成14年(2002)8月、スペイン・ポルトガルの旅に出た。気の置けない研究者仲間。梶木・野沢・平林・白川の諸先生と共に。

●成田 → ミュンヘン → バルセロナ → バレンシア → マドリッド

●ここでプラド美術館を見学した。入館の時、梶木先生が若く見られて、割引出来ないと言われた。パスポートを見せてOKとなる。私には、実り多い美術館展示だった。

●閉館時間ギリギリまで閲覧して出口に来たが、野沢先生が帰ってこない。最後の出館者、アメリカ人が、上を指さして、スリープ と教えてくれた。実は、美術館へ行く前に、余りに暑いので、大通りに面したレストランで、冷たいものを飲んだ。白川・梶木両氏は酒に強い。野沢氏と私はさわやかな飲み物にした。実は、野沢氏は、私よりも、アルコールに弱かったのである。

●そんな楽しい思い出のある、プラド美術館であった。

雪隠

雪隠

  • 2020.09.24 Thursday
雪隠

●菊池先生のエッセイに、雪隠の事が書き込まれていた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

雪隠

2020年09月24日

渋谷区に、壁が透明で中が見えるトイレが設置されているという。 壁が透け透けの公衆トイレが渋谷に出現!? 鍵をかけると曇りガラスに…でも誤作動はないのか聞いた https://www.fnn.jp/articles/-

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●平成6年(1994)9月、私は14日間の中国旅行をした。昭和女子大学の人見楠郎先生、原田親貞先生を中心とする団体旅行である。バスで移動し、目的地に着くと、皆トイレに直行する。場所によっては、昔ながらの板を渡しただけのトイレもあった。隣との仕切りも無い。出て来て、丸見えでした、と申し上げたら、原田先生が、見ない事になっているのです。とたしなめて下さった。

●同じ旅行で、超一流のレストランで夕食をした。昭和女子大学が、上海交通大学の関係者を御招待したのだ。

●宴会の途中で、私は、1人、トイレに行った。用を足して手を洗っていたら、肩を叩かれた。ボーイさんが、肩のホコリを払ってくれたのだ。私は、ポケットのゼブラのボールペンを、お礼に差し上げた。ボーイさんは、これが、私の役目ですから、と受け取らない。無理やり、差し上げて、お礼を言った。

●偉大な中国の歴史にふれて、さらに、私の中国観は深まった。そのような旅行だった。

天命

天命

  • 2020.09.22 Tuesday

●菊池先生のエッセイに、百歳代の著作の事が紹介されていた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2020年09月21日

百歳代

市川本太郎が『日本儒教史』の刊行を終えたのは九十七歳の時であっったという。(谷沢永一『紙つぶて』による)
これより年長の作があるかどうか知らないが、今後は百歳代の学術出版が出るだろう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●偉い人がいたものだ。私は、今、85歳、最後の著作を進めているが、なかなか大変である。人それぞれに、個性や、体質も異なり、その年までの生活振りも関係しているだろう。酒も飲み放題、奔放な生活を送った人と、規則正しく生きてきた人では異なるだろう。しかし、ある日、突然にガンで亡くなる人もいる。天命か。

●本を書くには、記憶力も必要だし、思考力も備わっていないと無理である。だから、私は、校訂作業の『仮名草子集成』や『浅井了意全集』は、少し早めに辞退した。その後、書いたものは、自分自身の論文だし、雑文ゆえ、自己責任になる。それにしても、雑文は許されるにしても、論文は、学界に迷惑になる。充分注意して引き上げる時期を考える必要がある。

●さる御仁が、さる雑誌に、一文を草して投稿したら、さる研究者から、疑問が呈された事があった。自分の状況がわからず、何時までも書き続けると、そんな墓穴を掘ることになる。

ゼブラ 「ウェットニー」

ゼブラ 新製品「ウェットニー」

  • 2020.09.18 Friday
ゼブラ 「ウェットニー」

ぬれた紙にも書けるボールペン【朝日新聞 9月18日 より】

主な特長

水に濡れた紙や、ペン先を上向きにした筆記ができます
ボールペン内部の空気を加圧することでインクを押し出す機構(※1)を採用することにより、従来のボールペンでは書きにくかった水に濡れた紙への筆記や、壁に設置したボードの紙面にそのまま上向き筆記ができるボールペンです。
※1 ノックすると中芯内部のインクに圧縮空気が送り込まれ、その圧縮空気がインクを押し出すことにより、筆記が可能となります。
従来の非加圧式に比べインクを押し出す力が強いため、ペン先から水や空気の侵入を防ぐことができ、水濡れ面や上向き筆記が可能となります。なお、ノックを解除すると圧力も解除されます。

頑丈で壊れにくいメタルボディ

ボディはステンレス製で、ミルスペック(※2)に準拠した頑丈な仕様のため、ハードな使用環境に耐えます。
※2 ミルスペックは、一般的にアメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格を総称した表現です。
『ウェットニー』はミルスペックのMIL-STD 810G-516.6(新516.7)に準拠した落下試験をクリアしています。
この基準は、高さ約1.22mの高さからラワン合板の床に向けて、26方向の角度から対象物を落下させて、正常に動作することを示すものです。
ミルスペックは耐久性の目安ですので、完全に安全性を保証するものではありません。
屋外でも持ち運びやすい仕様
ペン上部には紐やカラビナが取り付け可能な通し穴があり、持ち運びにも便利な仕様です(紐やカラビナは付属していません)。