ドナルド・キーン氏が、遺したもの

ドナルド・キーン氏が、遺したもの

2019.04.21 Sunday

0
ドナルド・キーン氏が、遺したもの

●今日、ドナルド・キーン氏の追悼放送を見た。素晴しい、研究人の生涯を拝見し、感動と敬意を捧げる。以下は、放送前の予告であるが、この通りの、見事な内容であった。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今年2月24日、日本文学研究者のドナルド・キーン氏が96歳でこの世を去った。 訃報を受け、テレビ・新聞ではキーン氏についてのニュース・記事が絶え間なく報じられた。それは、改めて、氏の業績・功績の偉大さを感じさせるものであった。 BS-TBSでは、2011年1月3日放送「大英博物館から甦った 幻の古浄瑠璃 東京見参!!-越後国・柏崎 弘知法印御伝記-」に始まり、これまで10年以上に渡って、ドナルド・キーン氏を取材したドキュメンタリーやトーク番組を放送。その活動を紹介し続けてきた(※)。2月26日は、90分生放送の報道番組「報道1930」にて「ドナルド・キーン追悼特集 日本を愛したひとりの天才」を放送した。 そして逝去から約2カ月。BS-TBSはドナルド・キーン氏を偲ぶ特別番組を制作する。東日本大震災を機に日本人となることを決意したキーン氏のドキュメンタリーとして話題となった「ドナルド・キーン先生日本人となる~その半生に込められた日本への思い~」(初回放送2011年10月16日)を中心に、数々のアーカイブ映像から制作。ドナルド・キーン氏が一生をかけて取り組んだこと、そして自らの活動を通じて我々に遺したメッセージとは何だったのかを改めて伝える追悼ドキュメンタリー企画となる。

16年前のノートルダム大聖堂

 

ノートルダム大聖堂 16年前
2019.04.21 Sunday

●昨日は、息子が来てくれた。話題は、パリのノートルダム大聖堂の火災の事に及んだ。その時の写真が、出てこない、とぼやいたら、今朝のメールに添付してくれた。
自由時間に、セーヌ川クルーズに参加して、セーヌ川の船の上から大聖堂を撮ったものである。
。。。。。。。。。。。。。

ノートルダム大聖堂 (パリ) 1163年着工、1225年完成。2019年一部焼損。
「ノートルダム・ド・パリ」という呼称でも知られ、ヴィクトル・ユーゴーの小説の名前にもなっている。また、ユネスコの世界遺産「パリのセーヌ河岸」の一部。  【ウィキペディア より抜粋】
。。。。。。。。。。。。。

●平成15年(2003)8月8日~16日、息子と2人で、ドイツ、スイス、フランスの旅をした。ロマンティク街道、ライン川下り、ホーエンシュバンガウ、ノイシュバンシュタイン城、インターラーケン、ユングフラウヨッホ、ノートルダム大聖堂、ベルサイユ宮殿、エッフェル塔、セーヌ川クルーズ、ロダン美術館。

●息子は、ニコンのクールピックス、私はニコンD300。大聖堂の中の写真もたくさん撮ったが、どこかにしまい忘れてしまった。

●このツアーは、計画も、全て息子が進めた。私は、ただ、後をついて行っただけ。最終日、パリ→成田が、JALの直行便に変更になり、パリで8時間の自由時間が生じた。私は、何としても、ロダン美術館へ行きたかった。息子は、地下鉄の路線図をチェックして、連れて行ってくれた。これは、大変な感動で、息子に心から感謝している。ロダン美術館へ行ったお陰で、ロダンの制作過程がよく分かった。16年前の思い出である。

記録の破壊

記録の破壊
2019.04.20 Saturday

●今日、4月20日の朝日新聞、読書欄に、フェルナンド・バエス著、八重樫克彦・八重樫由貴子訳、紀伊国屋書店発行、『書物の破壊の世界史』定価3780円、の書評が出ていた。評者は、長谷川眞理子氏(総合研究大学院大学学長)である。長谷川氏は、述べておられる。 
。。。。。。。。。。。。。。。

・・・なぜ、書物は破壊されるのか? 一つには、書物がある種の記憶の記録であるので、そのような記憶を抹殺したいと考える集団がつねに存在するから。二つ目は、書物が、思想、考え、価値判断の表明であるので、気に入らない考えを抹殺したいと考える集団がつねに存在するから。三つ目は、自然災害と近代戦争時の空爆。世界史は、なんと蛮行の歴史であるか。
 では、現在のデジタル化で、この状況はどうなるだろう? 一度ネット上に上がればなかなか消せないともあるが、ちょっとしたことで読めなくなる脆弱さもある。それより、人々が書物を読まなくなったことが最大の「破壊」かもしれない。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●私は、今、近世初期の東北の戦乱の記録を検討している。国盗り時代の大きな戦いになれば、残された記録もかなりある。その歴史上の事実を、どのように記録するか。それは、その記録する者の立場によって異なる。誇張もあり、誤記もあ、身びいきもある。残された史料は、十分に資料批判を加えて使わなければ、歴史の真相には近づけない。

誕生日ネット 深沢秋男

誕生日ネット 深沢秋男
2019.04.19 Friday

深沢秋男
ふかさわ あきお
国文学

•現在0人がこのページに訪れています。
•1時間以内:0人 24時間以内:1人 1週間:2人 1ヶ月:9人 1年:186人 詳細

お花をあげる

深沢秋男さんについて
昭和10年(1935)山梨県身延町に生まれる。県立身延高校、法政大学卒。昭和58年(1983)より昭和女子大学に勤務。平成17年(2005)定年退職。平成20年(2008)名誉教授。仮名草子、斎藤親盛(如儡子)、井関隆子、鈴木重嶺などの研究がある。

深沢秋男さんへコメントする

あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)

お名前

画像

テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください

2014.01.22 ID:145836

仮名草子の研究、井関隆子の研究、鈴木重嶺の研究。
山梨県生まれ、県立身延高校・法政大学卒。昭和女子大学名誉教授。

2013.07.12 ID:28697
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●この項は、2013年にアップされたのであろうか。6年後に、私は訪れた。さすがに、「お線香を上げる」とは出ていない。ネット社会になる前は、こんな事も無く、人はこの世から消えて行った。この項は、死後、何年継続されるのだろうか。お線香をあげてくれる人はあるのだろうか。

ある研究者の死

ある研究者の死
2019.04.18 Thursday

気鋭の研究者、努力の果てに ある女性の死
2019年4月18日05時00分    朝日新聞デジタル

 大きな研究成果を上げて将来を期待されながら、自ら命を絶った女性がいる。享年43。多くの大学に就職を断られ、追い詰められた末だった。
 西村玲(りょう)さん、2016年2月2日死去。
 東北大で日本思想史を学んだ。江戸中期の仏教研究で、04年に博士(文学)に。都内の実家に戻って両親と同居しながら、【朝日新聞 デジタル より】
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●大きな研究成果を上げながら、大学に就職できず、43年の生涯を閉じた研究者。

■著書は高い評価
■バイトで研究費
■20の大学で不採用

●博士課程を出ても就職先がない。特に文科系は厳しいという。専門家のアドバイスに、「経済的な苦境に陥った際、研究者も生活保護など自分の身を守る方法を知っておくことが大切だ。」何という事か。朝日新聞の記事を読んで、心がいたむ。

10連休

10連休
2019.04.18 Thursday

●今、世間では、10連休が話題になっている。平成 → 令和 の関係で、10連休となるらしい。海外へ出る人、子供と国内旅行を計画する人、テレビを見て、本を読む人。老人の私は、全く変わらない日々となるだろう。

●私は、大学を卒業して、日本文学研究を目指した頃、自分の時間について考えた。会社は、土日祝日は休み、年末年始は休み、365日のうち、120日ほどは、自分の時間である。これを、有効に使わない手はない。

●大学へ移籍してからは、更に、60日間の夏季休暇がある。もちろん、この中には、自宅内外研修が含まれるが、2か月間は大学へ出ない。その上、春休み、冬休みがある。通常も、大学へ出るのは、週3日か4日。もちろん、校務や、学生指導に時間は使う。しかし、自分の研究に使う時間は多い。

●私は、大学の研究室で、自分の研究をしたことは、ほとんど無い。研究室では、授業の準備か学生指導、校務に追われた。研究室の書籍は、研究用のものは、ごく少数で、大部分が学生指導用の参考書だった。それが、2000冊くらいあった。大部分は、上海交通大学へ寄贈した。

●昭和女子大学には東明学林、望秀海浜学寮がある。ここで、学生との合宿研修を行う。この期間中に〔感話〕という時間があった。食事の終わった頃、一言、感じたことを話す。学生も話すが、教員も指名されれば話す。私は、ある時、〔客観的な時間と人それぞれの主観的な時間〕について、3分間ほど話したことがある。思い出しても、懐かしい

著者と発行者

著者と発行者

●昨日、都立中央図書館から電話があった。冨樫省艸氏の『省艸印譜』の複写承諾の件であった。過日、印譜に興味のある方から、都立中央図書館所蔵の、この印譜集の複写の承諾書を欲しい、と言われて、どうぞ、と承諾書を送った。その件で、電話を貰い、よくよく、考えれば、私は発行者代表ではあるが、著者ではない。

●冨樫さんは、もう、とうに御他界なされ、奥様もおられない。出身地の酒田には、御実家はあるにしても連絡が取れない。しかし、著作権は、死後70年である。さあ、どうするか。

●私は、図書館の方に、全冊でなくても、半分でも陰影を複写してもらえないか。館で御検討願うことにした。この『省艸印譜』は、30部限定で、関西には、京都大学にしか寄贈していない。

●結果は、どうなったか分からないが、半分でも複写して、陰影の様子が、申込者に伝わればよいが、と希望している。そうすれば、冨樫さんも、きっと、喜んでくれると思う。

●私は、自分の事の様に、この印譜集を発行し、諸事、進めてきた。しかし、著者ではない。発行者であった。反省すべきである

組本社

組本社
2019.04.13 Saturday

●菊池先生のエッセイに、組本社について書き込みがある。
。。。。。。。。。。。

組本社
2019/04/13_Sat_15:05

ネットで「組本社」という文字を見た時、過去にかかわったことのあるような気がした。私は記憶力がいいので、何の件だったのか、全く覚えていない。Google で検索してもヒットしない。もう消滅したようだ。国会図書館を見ると、1980年に本を出している。
『古典大系日本の指導理念』(1983年)の出版は第一法規出版だが、「編集:組本社」とある。そうだ、叢書ものなどの出版企画をする会社だ。農山漁村文化協会出版の『人づくり風土記』(1988年)も同様。しかし、私の関わった叢書は、国会図書館に納められていない。  【以下 略】
。。。。。。。。。。。

●私は、この〔組本社〕と関係があった。私にしては、珍しく原稿料の支払いを催促したのでよく覚えている。

『古典の事典』、組本社編集、河出書房新社、1986年6月発行

である。

●実は、朝倉治彦先生からの依頼かと思うが、仮名草子関係項目の執筆者を私が選んだ。ところが、本が発行されて、原稿料支払いの期日がきても、支払われなかった。私一人ならばいいが、10名位の方々に、私から執筆を依頼していたので、組本社に対して、原稿料の支払いを催促した。私から依頼した仮名草子関係の執筆者には、支払うように催促したのである。

大学図書館の特殊コレクション

大学図書館の特殊コレクション
2019.04.13 Saturday

●『図書館は市民と本・情報をむすぶ』(2015年3月20日、勁草書房発行、定価3600円+税)を見た。慶應義塾大学の、田村俊作教授の退職記念論集である。

第Ⅰ部 資料収集とコレクション形成
第Ⅱ部 資料と情報の組織化
第Ⅲ部 情報探索とレファレンスサービス
第Ⅳ部 研究・教育と情報
第Ⅴ部 市民と情報

●このような構成で36点の論稿が収録されている。この中で、私の目を引いたのは、昭和女子大学図書館の、前之園香世子氏の、次の論稿である。【引用にあたり、注記は省略した】
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

4 大学図書館における特殊コレクションの収集と活用

1 大学図書館の特殊コレクション

 大学図書館には、大学を特色づける特殊コレクションが多数収蔵されている。中には、大学内の一部の研究者と図書館員以外に知られていないような、隠れたコレクションもある。特殊コレクションの多くは、大学において価値の高い資料であるため、盗難、劣化、扱い間違いの対策を講じ、利用を制限し、将来の利用者のために保存に重点を置いている図書館は少なくない。研究者等の特殊コレクションへのアクセスをもっと容易にするために、保存とアクセスについては長い年月をかけて議論してきた。現在図書館は、特殊コレクションの蔵書目録データベースを構築してインターネット上で公開する資料を増やしている。さらに、デジタル化技術の発展にともない、原資料を損傷させずに利用できる特殊コレクションが増大し、研究者等は、研究に必要なコレクションを容易に見つけ出し、入手できるようになってきている。
 図書館予算の削減、デジタル化資料やボーンデジタル資料の出現により、一般図書の購入が減少傾向にある近年、大学図書館のコレクション戦略の中で特殊コレクションを重点領域として取り上げるなど、特殊コレクションの位置付けに変化が見られる。研究図書館協会(北米)(Association of Research Libraries:ARL)のタスクフォースによる特殊コレクション調査の成果として作成された「特殊コレクションの原則の声明:研究図書館と特殊コレクションへの関与」に主によりつつ、本稿ではアメリカの大学図書館の特殊コレクションの収集と活用の動向について述べる。
。。。。。。。。。。。。。。。。。

以下、次の様に続けている。
。。。。。。。。。。。。。。。。

  1.1 特殊コレクションの内容
  1.2 ボーンデジタルの特殊コレクション
2 特殊コレクションの位置付け
  2.1 研究図書館の特殊コレクション
  2.2 特殊コレクションの重点課題
3 特殊コレクションの活用
  3.1 アウトリーチ
  3.2 特殊コレクション資料の貸借

4 おわりにーー特殊コレクションをめぐる大学図書館の役割

 アメリカの大学図書館では、特殊コレクションを収集、保存し、公開していくことを喫緊の課題としている。重要とされている中には、利活用への転換もあり、特殊コレクションを扱う大学図書館の役割も変わってきている。
 ルイスは、大学図書館が行っている役割として、次の二つを挙げている。一つは、地域社会や組織を支援するためにコレクションを購入すること、もう一つは、世界のユニークな、あるいは価値のある特殊コレクションをキュレーションすることである。とくに後者は、大学図書館がさらなる学術の発展に寄与するために注目されている事項である。これからの大学図書館には、特殊コレクションを収集、保存し、研究者等に提供するほか、さらに幅広く利活用できるように構成し、共有することが求められている。
 特殊コレクションをキュレーションする図書館員もまた、重要な役割を担うこととなる。図書館員は、適切に選定、収集した資料を魅力的な特殊コレクションにまとめたり、調整することもあり、多種多様な特殊コレクションを扱うことが増える。そのため、図書館員を支援する、あるいは研修する機会を増やしていくことも必要とされている。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●前之園氏は、私が、在職中も大変お世話になった方で、今回、私が頂いた感謝状に関しても、御配慮を賜った。また、今回、大学図書館の特殊コレクションの、受け入れ、整理、目録作成等の現状も知ることが出来た。前之園氏は、私宛のメールで、
。。。。。。。。。。。。。。

私個人としましては、柳先生が在職中、深沢先生から図書館員向けに鈴木重嶺についてのご講演を拝聴した頃から、大学図書館の特殊コレクションの在り方についてもご教示いただき、感謝の気持ちでいっぱいでした。お目にかかるたびに桜山文庫、翠園文庫の資料の価値、先生のご研究の一端をお聞かせくださったことが、私の研究テーマに結びついております。
。。。。。。。。。。。。。。。。。

このように伝えて下さった。有難いことである。

●部外者から見れば、何故に、もっと早く公開できないのか、そんな欲求にかられる。しかし、現場では、諸条件をかかえて苦慮しているのである。

●そのような現実の条件を抱えながら、このような研究に取り組んでおられる、前之園氏に敬意を表し、感謝をせずにいられない。

●また、この著書の編著者の一人、須賀千絵氏は、かつて、国語国文学科で、図書館学を講じて頂いた方であり、これも実に懐かしい。今日は、有難い研究書に出会った。

藤城清治の影絵

藤城清治の影絵
2019.04.12 Friday

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

藤城 清治(ふじしろ せいじ、1924年〈大正13年〉4月17日 – )は日本の影絵作家。キャラクター「ケロヨン」の原作者としても知られる。東京府(東京都)出身・目黒区在住。ホリプロ(同社も目黒区に所在)とマネジメント契約を結んでいる。
【ウィキペディア より】
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●昨夜、NHKのラジオで、藤城清治の声を聞いた。今、95歳だという。私は、大学を卒業して、腰掛のつもりで、日本橋の出版社・桃源社の編集部に、お世話になった。その時、遠藤周作の『狐狸庵閑話』(1965年、桃源社)を担当した。この本の挿絵が、藤城清治で、藤城先生のお宅に、原稿を頂きに行った。

●この影絵のような挿絵は、どのようにして創られるのか、是非、仕事場を拝見させて欲しい、とお願いした。しかし、先生は、それは出来ません、と断られた。

●後年、テレビでその工房が放送され、剃刀を持って制作する藤城先生の姿を拝見して、すごく感動した。