『芸文稿』第11号 責了

『芸文稿』第11号 責了
2018.06.06 Wednesday

●今日、『芸文稿』第11号の校正を済ませて責了にした。来月7月には発行されるものと思う。編集担当の松本先生に感謝申し上げる。
●昨年の、第10号には、井関隆子の校注書『しのびね』に関する考察を投稿したかったが、近世専攻の私には、とても難解で、原稿締切りに間に合わなかった。幸い、『近世初期文芸』第34号に投稿することができたのはラッキーだった。
●この年になって、仮名草子関係は、『近世初期文芸』、その他の時代と雑文は、『芸文稿』に投稿できるのは、誠に有難い。私の、若い時からの計画通りである。
●この2つの雑誌に投稿できない場合は、単行本にして出せばよい。とにかく、書いたものは、雑誌なり、単行本なりにして出し、さらに、現在では、ブログに出しておけば、保存技術の進歩で、かなり保存される。
●私は、原稿を書いたら、決して、机の引き出しでアタタメることはせず、即、活字にしてきた。タイプ印刷、活版印刷、オフセット印刷、ドットによる活字データ保存、ブログによる発信だって、結構、保存される時代になった。
●第11号には、次の3点を投稿した。
◎『井関隆子日記』の日付訂正
◎『烈婦お不二』と『井関隆子日記』
◎追悼 木越治先生
●余人に書けないことは書いておきたい。それにしても、校正はむつかしい。「校書如掃塵」である。

◆冨樫省艸氏刻

『芸文稿』第11号 初校

『芸文稿』第11号 初校
2018.05.14 Monday

●『芸文稿』第11号の初校が出た。今回は、短いものであるが、3点投稿した。井関隆子に関しては、昨年、彼女の古典注釈書『しのびね』に関して書いたが、今回は『井関隆子日記』に関して、2点書いてみた。
◎『井関隆子日記』の日付訂正
◎『烈婦お不二』と『井関隆子日記』
●それに、木越治先生の追悼文を投稿した。惜しんでも、惜しみきれない、木越先生の御逝去である。

●この『芸文稿』は、平成20年(2008)に、『文学研究』の後継誌として創刊したが、途中から、安藤・松本先生に継承して頂いた。有難いことである。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●私が、これまで『芸文稿』に投稿したのは、次の通りである。
◆第9号(平成28年7月1日発行)
◎如儡子の『堪忍記』(下)
◆第8号(平成27年7月1日発行)
◎如儡子の『堪忍記』(上)
◆第7号(平成26年6月1日発行)                                  ◎〈新刊紹介〉 安藤武彦著『芸文集 光芒』
◎仮名草子研究の思い出(昭和女子大学最終講義)
◆第6号(2013年4月1日発行)
◎重友毅先生と私
◆第5号(2012年4月1日発行)
◎横山重先生の思い出 
◎『井関隆子日記』、明治大学・京都大学入試問題に出題
◆第4号 平成23年(2011年)4月 発行
◎鈴木重嶺(翠園)関係資料紹介(8)・・・ 深沢秋男・菅野貴子 
◎『旗本夫人が見た江戸のたそがれ―井関隆子日記―』
   ――〔書評・新刊紹介・コメント等〕の紹介――
◆第3号  平成22年(2010年)4月発行
◎鈴木重嶺(翠園)関係資料紹介(7)・・・深沢秋男・菅野貴子
◎昭和女子大学所蔵「翠園文庫」について――鈴木重嶺(翠園)関係資料――
◎ウェブ日記抄・2 ――平成13年(2001)――
◆第2号  平成21年(2009年)4月発行
◎松浦詮編『蓬園月次歌集 全』の紹介 … 深沢秋男・菅野貴子 
  ――鈴木重嶺所収歌を中心に――
◎ウェブ日記抄・1 ――平成11年(1999)~平成12年――
◆第1号  平成20年(2008年)4月
◎鈴木重嶺(翠園)関係資料紹介(6)
◎自著を語る
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●この雑誌は、内情は、学術刊行物『文学研究』の後継誌として創刊したが、内容的には、重友毅先生をはじめとする、法政大学の諸先輩とは無関係である。そういうシガラミを切り捨てて、内容は何でもOKということにして、発表の場を確保したのである。

『芸文稿』所蔵図書館 2018年4月30日現在

『芸文稿』 所蔵図書館  2018年4月30日現在

●『芸文稿』は、日本文学研究会の 『文学研究』 を終刊にする時の後継誌として発行した。 
●『文学研究』 は、昭和28年(1953) に創刊された。法政大学大学院の先輩方が、第二次世界大戦後の、厳しい潮流の中で、日本文学研究への熱い情熱をこめて創刊したのである。常任委員は、旧制大学院、新制大学院の修了生で構成されていた。
●私は、学部卒業の2年後から日本文学研究会に参加させて頂き、『文学研究』が、平成19年(2007) の第95号で終刊になるまでお世話になった。この『文学研究』は純粋の学術雑誌であったが、『芸文稿』は、後継とはいえ、内容は全く異なり、何でもよいことにした。論文、評論、詩歌、随想、記録、雑文・・・。このような雑誌は、図書館に保存して下さい、とは頼みかねた。図書館も、泡沫のごとき、3号雑誌が次々と創刊され、扱いに困っている。そんな事情を考えて、最小限に絞って、寄贈したのである。
●第8号から、編集・発行者が変わったので、今後は、どのような方向に進展するか、楽しみである。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
芸文稿
o 芸文稿の会ゲイブンコウ ノ カイ
書誌事項
芸文稿
芸文稿の会 [編]
芸文稿の会, 2008.4-
• 1号 (平20.4)-
タイトル読み
ゲイブンコウ
大学図書館所蔵 7件 / 全7件
すべての地域 すべての図書館 OPACリンクあり
• 昭和女子大学 図書館図2008-2017継続中
1-10+
• 清泉女子大学 附属図書館2008-2008
1
• 東京大学 大学院人文社会系研究科・文学部 図書室国文2009-2014
2-7
• 独立行政法人 日本芸術文化振興会文楽図2008-2008
1
• 人間文化研究機構 国文学研究資料館全冊開架2008-2017継続中ケ00139
1-10+
• 法政大学 図書館市図2008-2017継続中A7c||1036
1-10+
• 龍谷大学 大宮図書館図2008-2017継続中058/986
1-10+
この図書・雑誌をさがす
• Webcat Plus
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『芸文稿』第10号 発行

『芸文稿』第10号(平成29年7月1日発行)

目  次

○長谷山大行寺『寄附人名録』について
――近世後期、京都に於ける真宗寺院の新寺
建立と出版物――
…………………… 膽吹  覚

○『源氏物語』鑑賞(その九)……………………… 田中  宏

○野間道場あれこれ(その八)……………………… 田中  宏

○連歌稿 Ⅰ …………………………………… 桂の会 中之島

○連歌稿 Ⅱ ……………………………………… 京都連歌の会

○春日遅々――艶想詩句日録抄―― ……………… 安藤 武彦

芸文稿

芸文稿 総目録

『芸文稿』第10号(平成29年7月1日発行)

目  次

○長谷山大行寺『寄附人名録』について
――近世後期、京都に於ける真宗寺院の新寺
建立と出版物――
…………………… 膽吹  覚

○『源氏物語』鑑賞(その九)……………………… 田中  宏

○野間道場あれこれ(その八)……………………… 田中  宏

○連歌稿 Ⅰ …………………………………… 桂の会 中之島

○連歌稿 Ⅱ ……………………………………… 京都連歌の会

○春日遅々――艶想詩句日録抄―― ……………… 安藤 武彦

『芸文稿』第9号(平成28年7月1日発行)

目  次

○千代倉東店 俳諧等文書(下)…………………… 松本 節子
小林  孔
竹内千代子
高井 悠子
○丹波黒井城下の近衛前久自筆自詠和歌 ………… 安藤 武彦
○如儡子の『堪忍記』(下)………………………… 深沢 秋男
○『源氏物語』鑑賞(その八)……………………… 田中  宏
○野間道場あれこれ(その七)……………………… 田中  宏
○連歌稿 ………………………………………… 連歌を楽しむ会
○原田康子作『挽歌』を読む ……………………… 安藤 武彦
○自著紹介『仮名草子の文学的研究』 …………… 田中  宏

『芸文稿』第8号(平成27年7月1日発行)

目  次

○千代倉東店 俳諧等文書(上)……………    松本 節子
小林  孔
竹内千代子
高井 悠子
○『異本翁草』巻一二七所収「洛陽大火行」 …… 松本 節子
○如儡子の『堪忍記』(上)…………………………… 深沢 秋男
○野間道場あれこれ(その六)………………………… 田中  宏
○連歌稿 ……………………………………………… 連歌を楽しむ会
○艶想句日録抄 ……………………………………… 安藤 武彦
○白玉椿謾想 ………………………………………… 安藤 武彦

『芸文稿』第7号(平成26年6月1日発行)

目  次

○森鴎外『伊沢蘭軒』および『ペリカン』と〈舞姫事件〉……………… 小平 克
――山陽と霞亭の記述の背景を探り、『ペリカン』
訳出の謎を解明する――
○謾考 近衛前久詠・紹巴の連歌幅・幸若歌謡と徳元など……………… 安藤 武彦
○安藤 武彦 想い出づるまゝに 斎藤徳元句「かの事や」ノオト……… 安藤 武彦
○『源氏物語』鑑賞 (その…………………………………………… 田中  宏
○『紫式部日記』鑑賞 (その五)………………………………………… 田中  宏
―――――――――――――――――――――――
『異本翁草』(京都大学附属図書館蔵)翻刻(四)…………………… 松本 節子
―――――――――――――――――――――――
○野間道場あれこれ(その五)…………………………………………… 田中  宏
○〈新刊紹介〉 安藤武彦著『芸文集 光芒』………………………… 深沢 秋男
○仮名草子研究の思い出(昭和女子大学最終講義)…………………… 深沢 秋男

『芸文稿』第6号(2013年4月1日発行)

目  次

○森鴎外「夢がたり」連作歌の謎 …………………………… 小平 克
――夢か現か――

○斎藤徳元の四季発句集たる ……………………………… 安藤 武彦
「有馬在湯日発句」を読む〈二〉
○江戸時代雑感 ……………………………………………… 坂井利三郎
――その⑥「水戸黄門―藩主決定の真相」――
○元禄大地震より今を考える ……………………………… 坂井利三郎
――江戸時代雑感〔余滴〕――
○『源氏物語』鑑賞 (その六) ………………………… 田中 宏
○『紫式部日記』鑑賞 (その四) ……………………… 田中 宏
…………………………………………………………………
○『異本翁草』(京都大学附属図書館蔵)翻刻(三) … 松本 節子
…………………………………………………………………
○野口シカと中田観音 …………………………… 宮島 鏡・関口静雄
○野間道場あれこれ(その四) …………………………… 田中 宏
○重友毅先生と私 …………………………………………… 深沢 秋男

『芸文稿』第5号(2012年4月1日発行)

目  次

○「榛〈はしばみ〉の実」謾想 ……………………………… 安藤 武彦
――著作『俳誹諧初学抄』の初刷本のことなど――
お竹大日の御影(続) …………………………… 宮島鏡・関口静雄
○浅草寺人丸社をめぐって ………………………………… 清水 正男
○江戸時代雑感 ……………………………………………… 坂井利三郎
――その⑤「水戸黄門―閨門の争い―再考」――
○『源氏物語』鑑賞(その五) …………………………… 田中  宏
○『紫式部日記』について(その三) …………………… 田中  宏
…………………………………………………………………
○『異本翁草』(京都大学附属図書館蔵) 翻刻 (二)
――付、杜口の生年・没年等について――
…………………………… 松本 節子
…………………………………………………………………
○野間道場あれこれ(その三) …………………………… 田中  宏
○横山重先生の思い出 ……………………………………… 深沢 秋男
○『井関隆子日記』、明治大学・京都大学入試問題に出題
………………………………… 深沢 秋男

『芸文稿』第4号 平成23年(2011年)4月 発行

目  次

◎謾考 徳元短冊の補遺 ・・・・・・・・・・・・・ 安藤武彦 (1)
◎痢病尊神と二宮尊徳 ・・・・・・・・・・ 宮島 鏡・関口静雄 (9)
◎江戸時代雑感 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 坂井利三郎 (12)
――〔その4〕「水戸生瀬の乱」――
◎いわゆる大阪屋花鳥のことなど ・・・・・・・・・ 清水正男 (26)
◎『源氏物語』鑑賞(その四) ・・・・・・・・・・ 田中宏 (31)
◎『紫式部日記』(その二) ・・・・・・・・・・・ 田中宏 (48)
◎『異本翁草』(京都大学附属図書館蔵)翻刻 ・・・ 松本節子 (62)
◎鈴木重嶺(翠園)関係資料紹介(8)・・ 深沢秋男・菅野貴子 (108)
◎野間道場あれこれ(その二) ・・・・・・・・・・ 田中宏 (125)
◎『旗本夫人が見た江戸のたそがれ―井関隆子日記―』
――〔書評・新刊紹介・コメント等〕の紹介――
・・・・・・・・・・・・・・・・ 深沢秋男 (188)

『芸文稿』第3号  平成22年(2010年)4月発行

目  次

○森鴎外と百物語――鴎外の参加理由・百物語の招待客――・・・中島次郎
○『大外智仁 教訓一夕話』の一典拠・・・清水正男
○江戸時代雑感――その(3)「水戸黄門―閨門の争い」――・・・坂井利三郎
○『源氏物語』鑑賞(その三)・・・田中宏
○『紫式部日記』鑑賞(その一)・・・田中宏
○鈴木重嶺(翠園)関係資料紹介(7)・・・深沢秋男・菅野貴子
○昭和女子大学所蔵「翠園文庫」について――鈴木重嶺(翠園)関係資料――・・・深沢秋男
○陶玄亭散人日録 抄(その二)・・・安藤武彦
○野間道場あれこれ(その一)・・・田中宏
○ウェブ日記抄・2 ――平成13年(2001)――・・・深沢秋男

『芸文稿』第2号  平成21年(2009年)4月発行

目  次

お竹大日の御影 …………………………………… 宮島鏡・関口静雄 (1)
『寛永剣術上覧之記』について(結び) …………… 田中 宏  (11)
江戸時代雑感 ………………………………………… 坂井 利三郎 (28)
――その②「水戸黄門―その実像に迫る」――
陶玄亭散人日録 抄 …………………………………… 安藤 武彦 (41)
第一句集『時の舟』刊行をめぐって ……〔俳号 百〕浅見 優子 (58)
(翻刻)『大外智仁 教訓一夕話』 …………………… 清水 正男 (69)
松浦詮編『蓬園月次歌集 全』の紹介 … 深沢秋男・菅野貴子 (101)
――鈴木重嶺所収歌を中心に――
『源氏物語』鑑賞(その二) ……………………… 田中 宏  (121)
ウェブ日記抄・1 …………………………………… 深沢 秋男 (141)
――平成11年(1999)~平成12年――

『芸文稿』 第1号  平成20年(2008年)4月発行

目  次

◎ 忘れえぬ思い出 写本の話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子和正 1
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎蛭女尊のおふだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮島 鏡 5
◎柳吉と蝶子の年齢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中島次郎 8
――「夫婦善哉」と「続夫婦善哉」――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎徳元作「有馬在湯日発句収録、へびいちご」の句謾想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安藤武彦 20
◎『寛永剣術上覧之記』について(その一)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 田中 宏 26
◎江戸時代雑感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂井利三郎 36
――その①「不義密通と将軍綱吉」――
◎『笠森娘錦之笈摺』瑣談・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 清水正男 50
◎「第二次世界大戦」(極東戦域)の報道の誤り 序説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤加奈 55
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎鈴木重嶺(翠園)関係資料紹介(6)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・深沢秋男 59
◎「どどいつ」艶本――翻刻と影印――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・菊池真一 74
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎みちのく紀行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 浅見優子 130
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎『源氏物語』鑑賞(その一)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中 宏 136
◎自著を語る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・深沢秋男 149
○編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       192

……………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
『芸文稿』の購入について

本誌は非売品ですが、研究に利用する場合に限って、制作実費の一部分と送料のみでお送りします。下記の要領で申し込んで下さい。

○ 第1号~第9号 1冊 800円+送料。

○必要な方は、葉書でお申し込み下さい。
○申込み先
573-0001 枚方市田口山 2-22-2-304
安藤武彦方 芸文稿の会